制作実績

サッカーのネット生配信の中継業務にCAとして参加~ステディカムの撮影をサポート

皆さんこんにちは!撮れ高スタッフの西村です。

今年も嫌な梅雨の時期がやってきました。このジメジメとした暑さや、雨の日が多いと外での仕事はとても大変です。特に今年はゴルフやサッカーなどの野外のスポーツ中継が多いので、雨の中で撮影をやらないといけない日も多々あると思います。

私自身雨の中の仕事は、気分も上がらないですし、集中力も下がることが多いのですが、雨だと怪我する確率も高くなるので、特にこの時期は気を引き締めながら業務に励んでいます。

先日サッカーのネット生配信の業務をご依頼いただき、弊社からCA(カメラアシスタント)として1人が参加させて頂きました。今回はこの現場をご紹介します。

現場概要とセッティング

今回の現場は中継車を使用した中継で、ネットの配信用に撮影していました。今回のサッカーはテレビ中継はなかったのですが、夜のニュース用に撮影している会社が何社か入って撮影をしていました。

サッカーの試合の現場では、対戦相手やゲストによってカメラの台数が変わることがよくあります。上位のチームとの対戦の時や順位が前後のチームと戦うときはサポーターの盛り上がり方も違うので、そういった時はカメラ台数もいつもより数台多くなります。

今回の現場は、ハーフタイムでゲストが行うパフォーマンスも中継するため、近くに行けるようにするため動けるカメラをいつもより数台増やしていました。

また、今回の会場はパッチ盤があるので、ケーブルを引く作業はそれほど大変ではありませんでした。カメラは十数台あり、数台はグラウンドを動く中継カメラで、その他は引きの中継カメラや長玉(望遠レンズ)などのスタンドの固定カメラでした。

関連記事:映像技術解説~スタジアムやスタジオ内にある中継用の『端子盤』について

その中でも今回は特別バージョンということもあり、ステディカムを使用していました。ステディカムは動きが滑らかなで、ブレが少なく、すごくいい画が撮れるので、海外ではよく使用されています。この現場でもすごくいい画がたくさん撮れていました。

関連記事:映像技術解説〜ステディカムの機能や特徴について

本番ではステディカムのアシスタントに付きました

本番は、先程ご紹介ステディカムにつきました。このステディカムは有線で撮影していたので、多治見ケーブルを捌くためについていました。ステディカムは、試合中はコーナーフラッグあたりから広い画や寄りの画など色々撮っていますが、その他にも入場を撮ったり、前後半後には、控え室に戻る選手を撮るためにコート内に入ったりと仕事がたくさんありました。

関連記事: 映像技術解説~ ライブ中継や画出しの現場で使われる『光ケーブル(レモ・多治見など)』の実力をご紹介!!

コート内に入ると選手がケーブルの上を通ったりするので、引っかけないように周りに目を向けながらケーブルを捌くので、細心の注意が必要でした。

今回の現場では、撤収時に少し雨が降りましたが、試合中は降らなかったので、良かったかなと思います。サッカーは雨でも試合をするので、雨の時は怪我をしないように気をつけてやっていきたいです。

弊社では、一つに絞ることなく様々な分野の撮影を行なっており、近年増えつつあるネット配信にも力を入れるなど、どのような現場にも対応出来るよう、日々業務に励んでいます。撮影・収録・ENGロケ・中継・動画編集など、お気軽に電話・メールにてご連絡下さい。

株式会社撮れ高(03-6274-8982)