制作実績

バラエティー番組のインサートロケの現場にCAとして参加~少人数のロケ隊のため照明も対応

皆さんこんにちは!撮れ高スタッフの西村です。

最近はライブコンサートの現場よりも、スポーツ中継やスタジオなどの現場によく行っています。普段のライブ現場とは違ったスケジュールで動いたり、あまり行かないからこそまだ知らないことも多く、勉強することがたくさんあります。様々な現場に参加させてもらえることはありがたいことですし、新しい発見も多いので、このような経験を大切にしていきたいと思いました。

先日ロケの業務依頼をご発注いただき、収録現場に弊社から私1人がCA(カメラアシスタント)として参加させていただきました。今回はその収録現場についてご紹介します。

音声収録のない少人数のロケ隊で撮影

今回の現場は、私は参加していませんが、先日行ったENGロケの時に撮れなかった商品やお店の都合で、当日に撮れなかった外観や内観など、いわゆる撮りこぼしたものを撮影するインサートロケでした。インサートなのでロケ隊のメンバーも少なく、カメラマンとCAとVE(ビデオエンジニア)とADさん2人と小人数で回りました。

先程も説明しましたが、撮りこぼしたものだけの撮影なので、2箇所しか行くところもなく、お店側からも撮影時間が決められていたので、時間に追われているというより、つぎのお店が許可した時間まで車で待機するなど、落ち着いた雰囲気で仕事を出来ました。

今回のロケの撮影には、ENGカメラが使用されていたので、本体収録かつ物撮りなので、音声も必要なく、ケーブルはADさんへのモニター出しの同軸ケーブル1本しかありませんでした。

少人数のロケ隊のため撮影チームは照明の仕事もこなします

今回の現場はインサート撮影のみなので、三脚の上げ下げや移動するたびにモニター出しの同軸ケーブルの抜き差しなど、単純作業の繰り返しが主な仕事でした。

また、このようなロケでは、照明さんが来られることはなく、照明も撮影チームが兼任して行うことが多く、今回も物撮りの際に、LED照明のセッティングや手持ちの小さいLED照明を使用して、湯気を見えやすくしたり、箸上げしたものを狙うなど、カメラ下から照明を当てたりもしていました。

照明は照らせばいいだけではなく、照らすことで影が出るので、それを消すために反対から当てたり、もっと良く見せるために微調整したりと、慣れていない私には難しいこともたくさんありました。このようなENGロケの時くらいしか経験することがないので、少しずつでも勉強していきたいと思いました。

最近はスポーツ中継はよく行ってますが、ロケは久しぶりだったので、少し新鮮な感じがしました。照明はまだまだなのでこれからしっかり理解していきたいですし、他にも出来ないことはたくさんあるので出来るように日々頑張って行きたいと思います。

弊社ではこのようなENGロケ、インサート撮影業務以外にも、ネット配信やライブコンサートの画出し(映像出し)、ネット生配信、動画編集など、幅広く対応できますので、お困りの際は、お気軽に電話・メールにてご連絡下さい。

株式会社撮れ高(0120-013-315)