制作日記

制作日記

映像技術解説~スタジアムやスタジオ内にある中継用の『端子盤』について

こんにちは、撮れ高スタッフの林です。今回は”端子盤”について書いていきます!


まず、端子盤とは、スタジアムやドームなどに設置されている中継用のケーブルコネクターがまとめられている設備で、基本的にはスタジアムやドームなどで壁の中をケーブルが通っていると考えても間違えではありません。

例えば、野球で言えば「バッターの構える表情を撮れるカメラ」や「両チームの監督を撮れるカメラ」「出塁したランナーを撮れるカメラ」など。競馬で言えば「スタートのゲートを撮れるカメラ」や「カーブを曲がった段階での順位がわかるように撮れるカメラ」「ゴールの瞬間を真横から撮れるカメラ」など、スポーツなどを中継する上では欠かせないカメラは多数あります。

では、毎回中継のたびに、例えば競馬なら毎週日曜日に、欠かせないカメラ、すなわち”いつもカメラがある位置”までカメラケーブルを引っ張ればいいのでしょうか?? 確かにそれでもカメラを生かして中継はできます。しかしそれにはかなりの労力と時間がかかってしまいます。このような理由でスタジアムやドームなどを建設する段階から、中継車を停める位置を決め、そこから中継カメラを置くであろう場所や、その為に観客席をなくしているところにはケーブルを埋めて繋げてあります。

中継車側にはすべての出先のコネクターが集まった端子盤があるので、そこから車へ、また出先でも同様に端子盤からカメラへ、それぞれ50メートルのケーブルで繋げば、会場内に600メートルのケーブルが埋まっている場合、競馬場のスタート位置なら700メートル分のケーブルをつないだことになります。(ケーブルの長さは会社によって異なります。) 競馬などでも特に大きなタイトルでは普段は置かないポジションにカメラを置いたりするので、1週間前からケーブルを引いたりしますが、端子盤のおかげでかなり仕事が少なくなっています。

ちなみに、ライブハウスなどではカメラ位置が決まりにくい為、通線口という穴が扉の脇にあったりします。前日セッティングや2日間に渡る公演の場合に、セキュリティの都合から、扉を施錠しなければならない場合などは、あらかじめ通線口を利用する事でケーブルを残したまま扉を閉めています。

スタジオ内にも端子盤はあります。近いのに?と思うかもしれませんが、端子盤がないと1箇所からケーブルが出るため、歌番組などで激しくカメラが動き回る場合に、くぐったり超えたりと、スムーズな移動ができなくなってしまいます。下手のカメラは下手から、上手は上手の端子盤から、と言うように出来るだけケーブルを捌きやすいように工夫します。

また、端子盤の何番を1Cとするか、何番を2Cとするか、それを決めるのが”パッチ盤”です。サブコントロールルームに1Cとして認識させたいカメラを6番の端子につなぐとします。6番の端子はそのままではカメラに火が入らないので、1Cと認識させるために1Cのパッチと6番の端子を短いパッチケーブルで繋ぎます。その上でVE(ビデオエンジニア)が電源を入れるとカメラに電気が通り電源が入ります。中継メインの会社ではそれほど明確に区別していませんが、知っておくといつか役に立つと思います!

ほとんどの端子盤が新しくなりつつありますが、一昔前の「レモコネクター」を使っている端子盤もあります。この場合、現在主流の「多治見コネクター」は直接刺さらないので、変換ケーブルが必要になります。中継車も多治見コネクターが多いので、端子盤から中継車、端子盤からカメラの2本で1対の変換ケーブルを忘れずに準備しましょう!

・収録・ロケ・中継・配信・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)・テレビ音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。。

株式会社 撮れ高 (03-6274-8982)