制作日記

制作日記

未経験で映像制作会社に入社して~ジャンルを問わず多くの撮影現場で映像技術を吸収

こんにちは。撮れ高映像部の池川です。未経験で撮れ高に入社してから2か月が経ちました。この約2か月の間に体操ゴルフなどのスポーツ中継から始まり、情報番組のロケインサート、コンサート、野外ライブ、EC動画など、様々な現場でCA(カメラアシスタント)として勤務させて頂きました。今でも分からないことが多く、あたふた慌ててしまいますが少しずつ仕事を覚えられていると実感しています。CAとして大切なケーブルさばきも、先輩に怒られながらも一生懸命頑張って速く速く巻ける様に練習しています。

現場では他の映像制作会社の方々と、一緒にお仕事する機会が多々あります。CAとして未熟な私は、先輩CAに質問したいことがたくさんあります。慌ただしい現場でも、時間を見つけて先輩に質問をして、とりあえずはメモに残します。そうすると、次の現場ではこの前習ったやつだ!!と出来ることが増えて、日々仕事が楽しくなります。

CAとして一緒に作業する人の中には、普段テレビカメラマンとして働いている方もたくさんいらっしゃいます。映像制作会社というのは、会社ごと様々で、スポーツ中継を得意とする会社、コンサート収録を得意とする会社、テレビ番組の収録を得意とする会社等があります。そんな中、弊社はありがたいことに多くの企業様とお取引させて頂いており、ジャンルを問わない多くの現場に出ることができます。

先輩CAに話を聞いていると、ロケがやりたい!テレビ局でスタジオがしたい!といった声を聞きます。テレビカメラマンも、得意分野があるといいます。撮れ高の社長は休みのない程働くテレビカメラマンですが、ライブでの画出しやバラエティ番組を得意としていて、私は社長ののときの話を聞くのが大好きです!ライブでの画出しは、とにかくカメラ台数が多いです。30台から50台のカメラがあって、各カメラの役割が決まっています。特に前にあるカメラは動きが多いです。カメラマンが動くためにCAがついて、ケーブルをさばきます。大きな会場では、走ることもあると聞きました。きっと社長も、いい画を撮るために走っているのだろうと思います。(笑)

CAとして働いている時間は、テレビカメラマンになるための勉強ができる貴重な機会です。現場では慌ただしく働いていますが、一生懸命技術を吸収しています。テレビカメラマンになりたくて入社した私ですが、面接ではライブ会場での画出しがしたいです!と話しました。でも様々な現場を経験した今、画出しだけではなくスポーツ中継にも興味があって、いろいろな現場での経験を積んで得意分野も見つけたいです!

 

・収録・ロケ・中継・配信・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)・テレビ音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。。

株式会社 撮れ高 (03-6274-8982)