制作実績

対談番組の撮影とYouTube生配信を弊社が担当~業務用機材やZOOMを活用

皆さんこんにちは!撮れ高スタッフの西村です。

世間では自粛を余儀なくされており、番組収録などストップしていますが、そんな中で最近増えているのがネット配信です。特にコメントなどで視聴者とリアルタイムで受け答えが出来る生配信を行う人が多く、芸能人から一般の方まで様々な人たちが生配信を利用しています。

携帯から簡単に生配信できる時代ですが、弊社でも業務用の機材を駆使し、生配信の業務を行なっております。そこで今回は、弊社が行った生配信の現場をご紹介します。

様々なジャンルを配信してます!

新型コロナウイルスによる自粛中にも世間の人たちに楽しんでもらいたいという思いを持った様々な会社から相談を受け、実現させています。生配信ということ以外は、ジャンル問わずお手伝いさせていただいています。

例を挙げますと、少し前にはなりますが24時間ライブをYouTubeで生配信したいという依頼を受け、そちらを弊社にて実現しました。24時間という経験の無い生配信で機材トラブルなど起きないか不安もありましたが、当日までにしっかり対策を考え、無事何事もなく終えられました。

※24時間生ライブに関しましてはこちらをご覧ください

対談をYoutubeにて生配信

先日は対談のようなものをYouTubeにて生配信を行いました。こちらは有名な建築家の方をお呼びして、建築とデザインについて対談していただきました。

この配信現場では撮影も弊社が担当し、演者さんの周りには模型が飾ってあったので演者さんメインで撮影というよりも、抜けに模型を感じる画や広い画で模型を見せるように撮影しました。

※対談の生配信現場でのセッティングの様子です。

この2つの配信現場のようにYouTubeを使用する際は、YouTubeアカウントを事前に作成して頂ければこちらで配信可能です。

話題のツールを利用した配信

弊社ではこの自粛期間に話題になりましたツール「ZOOM」を使用しての生配信も行なっております。ZOOMでは有料会員になりますとYouTubeと連動して配信ソフトが無くてもライブ配信できますが、弊社ではスイッチャーを使用することでテロップを載せたり、事前に配信に載せたい資料など頂ければ、ZOOMの画と資料を切り替えながら配信することが可能です。

ZOOMを使用することで演者さんは自宅にいながら配信できますのでこの自粛期間にはピッタリの生配信を行うことができます。

今回は生配信についてご紹介しましたが、この他にもたくさん実現させていただいています。生配信をやりたいとは思っていてもどうすればよいか分からない方もいると思います。そんな方でもまず弊社にご連絡頂けましたらこちらからご提案いたしますので、気軽にご相談ください。今後も増えていくであろう生配信を1度やってみてはいかがでしょうか?

弊社は、番組撮影やネット生配信以外にも、ライブコンサートやスポーツ大会などの画出し・収録・中継、ENGロケ、動画編集など、映像に関する業務について幅広く対応可能です。お気軽に電話・メールにてご連絡ください。

株式会社 撮れ高(0120-013-315)