制作日記

制作日記

映像技術解説~2018年9月末発売『Gopro HERO7』の優れた新機能について

こんにちは、撮れ高スタッフの佐々木です。

世界にはたくさんの種類のカメラがあり、時代が進むにつれ、どんどん性能の良くなったカメラが作られて行きます。今回はつい最近発売された、Gopro HERO7について話していきたいと思います。

関連記事①:新規導入機材紹介~GoPro HERO5 Session

関連記事②:映像技術解説~デジタルビデオカメラ「アクションカム」について

2018年9月末に発売されたアクションカム「Gopro HERO7」

Goproはアクションカムと呼ばれており、一眼レフカメラとはサイズも性能も全く違います。一眼レフと比べてGoproの強みとしては、広い画角と防水性能です。過去にもGoproは多くの種類がでています。Gopro HERO、HERO5、HERO6などがでており、先月末に新しく発売されたのがGopro HERO7です。

今では、その小型なところや、アクティビティー向けのカメラという事で、一般の方の間でも気軽に使われているカメラの1つです。Instagramなどでも「#Goproのある生活」などタグ付けされて投稿してあり、若い女性の間でも人気のあるカメラです。

Goproは発売されるたびに性能が向上

当初のGoproは今のものと比べると不便でしたが、最近では液晶画面も搭載され、徐々に進化していっています。前作のHERO6も前のものと比べると、映像美が良くなっていたりします。HERO5と比べると色のコントラストが良くなっていたり、より鮮やかになっていたりと、発売されるたびに性能が向上しています。毎回性能が良くなっていくGoproですが、今作のGopro HERO7は、どういった点に優れているのか話させていただきます。 

Gopro HERO7の優れた機能①~Super Photo

Gopro HERO7にも3種類あり、Black、Silver、Whiteがあります。SilverとWhiteは性能が同じで、この3つの中ではBlackが最上位機種となっています。BlackはこれまでのGoproシリーズの中で最高レベルのアクションカメラで価格も一番高いのですが、機能重視の高スペックモデルです。

このHERO7 Blackは新しい画像センサーが搭載されており、今までよりも映像が美しくなり、「Super Photo機能」で静止画も超高画質になりました。つまり、映像も静止画も超キレイに撮れるようになりました。そして、暗いところでもキレイに撮れるので、海の中などの光の届きにくいところでも大丈夫です。

Gopro HERO7の優れた機能②~手ぶれ補正

新機能の中でも一番注目されているのが、手ぶれ補正機能です。この機能はジンバルが必要ないと言われるほどです。ジンバルと言うのはカメラの手ブレを抑える時に使われるもので、今作のGoproはこれを使わないでも、滑らかな映像が撮れるようになりました。

Gopro HERO7の優れた機能③~ライブストリーミング機能

また、ライブストリーミング機能を使うと、リアルタイムで配信することも可能で、ちょっとした中継もHERO7一つでする事が可能になりました。スマホ向けに縦フレームでももできるので、以前までのアクションカメラの領域を超えて高画質のビデオカメラのレベルになりました。

以前と比べるととても高性能になったGoproが今後どのような進化をしていくのか、より楽しみになりました。

 

弊社では、近年多くお問い合わせを頂いているネット生配信に力を入れており、ネット回線さえあれば即生配信番組を配信出来るノウハウと実績を持っております。

撮影・収録・ロケ・中継・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社撮れ高 (03-6274-8982)