制作日記

制作日記

新規導入機材紹介~GoPro HERO5 Session

こんにちは!撮れ高デスクの西川です。本日は当社が新しく購入した機材の紹介をしたいと思います。

皆さんは「GoPro」という機材をご存知ですか?「GoPro」とは、片手で持ってスマートフォンでするかのように、歩きながら自由にが可能な超小型軽量カメラです。そのためライブやコンサート、フェスなどのアーティストや観客の動きなど、迫力のある景色を臨場感を残してすることができます。

また、『4K動画』のような高解像度の映像など、小さな機体に似合わないプロ仕様の映像をすることも可能です。いくつかのモデルが存在する「GoPro」ですが、どれも手のひらにすっぽり収まるくらいのサイズなので、持ち運びにもとても便利です。『4K動画』では、縦2倍×横2倍の4倍の画素数になり、従来のハイビジョンよりもさらに高精細で臨場感のある映像を見ることができます。下の動画が「GoPro HERO5 Session」でされた『4K動画』です。ご覧になられる際は、下記動画の設定ボタンをクリックして是非4Kでご覧ください!

動画ページ:GoPro HERO5 + Karma: The Launch in 4K

「GoPro HERO5 Session」でされた映像はいかがでしょうか。感じ方はそれぞれだと思いますが、私はとても美しいと感じました。

「GoPro HERO5 Session」は三脚やヘルメット、車、バイクなど様々なものに取り付けることができます。ヘルメットはよく見かけますよね!バラエティー番組で芸人さんがおもしろいリアクションをするために使われていたり、車やバイクに取り付けることにより車載カメラの役割にもなったりします。他にも、「ハウジング」という専用の防水ケースに入れることにより、水中でのも可能になります。下の動画が水中動画です。

動画ページ:Pulau Redang 2016 [GoPro Hero 5]

さらに、「GoPro HERO5 Session」の特殊機能の一つである、三脚などを用いてタイムラプスと呼ばれる定点をすることもできます。下の動画がタイムラプス動画になります。

動画ページ:Timelapse of Sunrise in Mui Ne, Vietnam (4k GoPro Hero 5 Black)

「GoPro HERO5 Session」でした映像は本体のSDカードに保存され専用のパソコンアプリスマホアプリなどを使って、編集もすることもできます。あらためて、「GoPro HERO5 Session」は様々なに対応できる優れものだなと感じました。

現在「GoPro」の活躍場面といえばInstagramやTwitterなどのSNSの写真や動画などにも使われています。難しそうだと感じる方は、ファッションとしてもおしゃれかもしれませんね。(笑)

当社では来月に予定されている都内ライブハウスで行われるライブにて「GoPro HERO5 Session」を使った映像制作を行います。今後も「GoPro HERO5 Session」を様々な現場で活躍させたいと考えております!

当社では、急なロケの発注や、・収録・中継・動画編集・海外ロケなど、幅広く当社のテレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)がご対応致します。求職をご希望の方、お仕事ご依頼の方、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。。

株式会社撮れ高 (03-6274-8982)