制作実績

TV番組の収録を弊社が担当~Zoomを使用したリモート出演に対応

皆さんこんにちは。撮れ高映像部スタッフの村上です。

先日、全国の緊急事態宣言が解除されました。世間では新型コロナウイルス感染症の感染防止と拡散防止のために、人が互いの距離を意識的にとることで感染拡大を防ぐ「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」という言葉をよく耳にしたことでしょう。

働き方にも影響がありました。テレワークというスタイルを取り入れ、未だ職場の密集状態を避ける取り組みが継続されている企業も多くあることでしょう。テレビ番組の収録現場においても、ソーシャルディスタンスの取り組みが意識されています。

スタジオで演者の方が大きく間隔を空ける、Web会議ツールを活用したリモート出演のような形式の番組を多く見かけるようになりました。

Web会議ツール「Zoom」を活用した収録

弊社でも先日、Zoomミーティングを活用して、日韓合同オーディション番組「That Time G-EGG」の収録を行いました。番組の詳細は下記リンクからご覧頂けます。

関連サイト:グローバルアイドル発掘 x リアル成長ストーリー「G-EGG」を振り返るトーク番組「That Time G-EGG」放送決定

撮影現場では、全演者がスタジオに集まるときと比べ、リモート出演は機材セッティングだけでなく番組進行も一筋縄ではいかず、大変なものでした。

使用機材や収録方法について

Zoomミーティングの収録に伴い、iPadとMacBook(2台)を使用しました。iPadをホストとしてZoom参加者の管理を行い、MacBook 2台は1shotやマルチ画面をスイッチングする際のデバイスとして使用しました。

Zoomでの出演者は収録回によって異なりましたが、最大で20名程度いました。Zoomの録画機能を現場で使用するのは初めてだったため、画や音含め綺麗に録画できるか分からない懸念から、Zoom画面をポブカムで録画しつつ予備としてZoomの録画機能も使用しました。

Zoom画面の切り替えは下記を繰り返し行いました。

マルチ画面→画面選択→画面固定→マルチ画面→画面選択→画面固定→…

画面切り替えが馴れないうちは、操作に時間が掛かったり、Zoom画面のスイッチング時にマルチ画面を表示してしまうなどのミスを連発してしまいました。演者が自己紹介をする際に、MacBook 2台を操作して画面を切り替えていました。私が切り替えを担当する演者を先読みしながら、もう1人のスタッフと声を掛け合って画面を切り替えているときは、手に汗握る緊張感でした。

まだまだ経験を積んで慣れが必要なZoomでの収録ですが、今後も増えていく案件の1つだと感じています。

関連記事:対談番組の撮影とYouTube生配信を弊社が担当~業務用機材やZOOMを活用

上記ページでははZoomを使った生配信などを紹介しています。是非このような撮影をしたいと思ったら弊社にご提案ください。お待ちしております!

弊社では、Web会議ツールを使用した番組収録や生配信の他、ENGロケ、スポーツ中継、ライブコンサート等のイベントでの画出し・中継・収録、動画制作・編集など、幅広く当社スタッフが対応致します。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社 撮れ高 (03-6274-8982)