映像技術解説

シャッター音を消せる?海外版のiPhoneについて

皆さんこんにちは!撮れ高映像部スタッフの小野です。

突然ですが、iPhoneをご利用の皆さんは、写真や動画を撮る際になる「カシャッ!」や「ピコンッ!」というシャッター音を無くしたいと思ったことはありませんか?

シャッター音を簡単には消せないため、正規のアプリケーションではなく、無料の無音カメラなどをダウンロードして撮影している方がほとんどなのではないでしょうか。

ですが、Apple社から出ている正規のカメラアプリではないものを使用すると、画質が落ちてしまうケースがあります。

そこで今回は、話題になっている海外版のiPhoneについてご紹介します。

なぜ日本のiPhoneはシャッター音を消せないのか。

まず、日本で発売されているiPhoneはなぜシャッター音を簡単に消すことが出来ないのか。日本で発売されているiPhoneが音を消せない理由としてあげられているのは「盗撮防止」です。

実は、日本だけではなく韓国で発売されているiPhoneもシャッター音が消せません。

どうして日本と韓国のiPhoneだけなのか。

それは、モデル番号に「J/A」が付いていることが原因らしく、モデル番号の最後が「J/A」で終わるものは、日本で発売するために製造されたモデルのため、シャッター音をミュートにすることが出来ないそうです。

海外版のiPhoneはどこで購入するのか。

海外版のiPhoneを購入する方法は、4つあります。

・海外のAppleストアで購入。

何よりも、正規のメーカーから新品の状態で直接購入することが出来るのが1番安心があります。

・海外の携帯ショップや空港での購入

旅行に行った際などに、海外の携帯ショップや空港にて購入することが可能です。
空港では、自分の欲しい色がないというケースもありますので、それを知った上で買いに行くのがいいかもしれません。

・ECサイトでの購入

日本のECサイト(オンラインショップ)などで買えることもあります。

・メルカリやラクマなどの個人取引

購入した新品を出品している方も多く見られましたが、個人での取引になってしまうため、支払いが残っているものを売っていたり、かなり高額で売っていることがあるらしいので、購入する際はご注意ください。

進化したiPhoneのカメラ機能

iPhoneのカメラ機能がとても進化してきている今、ライブ撮影などではiPhone用のレンズや、スタビライザーなどを使ったりして撮影をすることもあります。

ですが、日本で発売しているiPhoneだと、ライブなどで撮影を行う際にシャッター音がなってしまいます。

せっかくライブを見に来ているのに、横で「カシャ!」や「ピコン!」となっているとそちらの音が気になってしまいますよね。私もライブを見に行った時に横でレック音が聞こえた時は、そちらが気になってしまうと思います。

そこで海外版のシャッター音を消すことが出来るiPhoneを使用することで、ライブ中にシャッター音を気にせずに撮影したり、カメラに切りかえることができたり、シャッター音がないことでお客さんへの配慮にも繋がります。

ライブでの撮影業務では、一番大切なお客様を第一に考え、配線や操作音などにも注意し、映像を見てより楽しんでいただける仕事ができるよう心がけています。

弊社は、撮影・収録・ENGロケ・生中継・配信など、映像技術の提供だけでなく、映像・動画編集など幅広く対応が可能。海外案件も得意としております。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社 撮れ高 (0120-013-315)