制作実績

映像技術解説~バラエティ番組のロケで使用「Osmo Pocket」

みなさんこんにちは!撮れ高映像部スタッフの村上です。

最近、さまざまな現場に行かせていただくことが増えてきて、その度に新しく知ったことや初めて触れた機材などが多くあります。今回は、以前参加したバラエティ番組のドッキリロケで初めて使用したOsmo Pocket(オズモポケット)に注目して紹介していきたいと思います。

Osmo Pocketとは

まずOsmo Pocketとは、とても小さい手持ちタイプのカメラです。

DJIから発売されている物なのですが、DJIではOsmo Mobile(オズモモバイル)やRONIN(ローニン)などのジンバルが特徴的な製品が多いです。

関連ページ①:映像技術解説~人気上昇中のスタビライザー搭載カメラ『Osmo(オズモ)』について

関連ページ②:当社所有機材紹介~スマホ用スタビライザー『OsmoMobile2』について

そもそもジンバルとは、スムーズな映像を撮るための回転台の付いたグリップです。ジンバルを使うことで、撮影者が動いてもカメラを一定の向きや角度に保ち、揺れや傾きなどを軽減することができるので、スムーズで滑らかな映像を撮影することができます。

そして、今回紹介していくOsmo Pocketでは、ジンバルによる手ブレ補正、電子式手ブレ補正、光学式手ブレ補正の3つの機能が備わっており、動きをリアルタイムで調整するので、スムーズな映像を撮影できます。

ジンバルの他にも便利な機能

Osmo Pocketはスムーズで滑らかな映像を撮影できるだけではなく、アクティブトラック、3×3パノラマ、モーションプラス、ナイトショットなどさまざまな機能が搭載されています。

アクティブトラック

アクティブトラックの機能では撮りたい被写体をアップするだけで、その被写体を自動フォローして撮影をすることができます。

ナイトショット

ナイトショットの機能では、自動的に暗い場所、低照度での撮影を認識して、写真を明るめに自動で調整し、撮影することができます。

このようにOsmo Pocketの機能では、スマートフォンでは実現できなかった撮影の機能や映像を実現することができ、より良いものを撮影することができます。

最新の技術がたくさん詰まったOsmo Pocketに初めて触れましたが、手軽でとても使いやすい機材だなと思いました。スマートフォンで撮影できそうで、できなかったものがOsmo Pocketで撮影できるので、とても便利です。たくさんの現場に行っていても触れたことのない機材がまだまだありますので、もっと機材についても勉強していきたいと思います。