制作実績

制作実績

飲食店のインサートロケにCA(カメラアシスタント)として参加~インサート撮影は照明の当て方が重要

皆さんこんにちは!撮れ高 映像部スタッフの村上です。

最近、ロケ(ロケーション撮影)の現場に行くことも増えてきました。その中でも先日、インサート撮影のみのインサートロケをご依頼いただき、現場にCA(カメラアシスタント)として参加したので、今回はインサート撮影に着目して紹介したいと思います。

インサートとは

まずインサートとは、日本語にすると「挿入する」「差し込む」などといった意味があり、ブツ撮りと呼ばれることもあります。例えば、タレントさんが料理を食べているシーンの前後に、「料理が美味しそうに」「視聴者が食べたくなる」ような料理のみの映像のことだったり、商品紹介をした前後のその商品のブツ撮りのことをさします。

さまざまな角度や動きで撮影

今回のインサートロケは飲食店2店舗に伺いました。料理の撮影だったので、湯気の出ているうちに素早く撮影しなければいけません。

今回のCAの仕事は、照明を当てる事とモニターの設置です。モニターは制作さんがカメラマンが撮っている映像を確認するために使います。その映像を見て制作さんがパーン(画面を横に流す画)やパーンダウン(上から下に流す画)、パーンアップ(下から上に流す画))などといった指示をカメラマンに出したりしています。

他にも料理に動きを加えてお箸で持ち上げた画や、手で食べ物を割った画など、さまざまな撮り方で撮影を行い、また料理を撮るだけでなく、お店の外観を撮ったり料理を作っている様子を撮ったりもしました。

照明を設置する際は、VE(ビデオエンジニア)が光量や色温度、角度などを確認して設置しています。照明の少しの角度などで、湯気が見えたり見えなかったりするので、インサート撮影では照明がとても大事になってきます。

限られた時間での撮影

ロケではお店ごとに約束している時間が決まっていて、その時間内に撮影を済ませないといけません。飲食店では限られた場所での撮影で、一般のお客さんも来店してくるので邪魔にならないよう撮影しています。

食事をする場所での撮影なので、机にモニターを置く際も布を引いてからモニターを置くなど、汚してしまわないよう細かいところにも気をつけて準備していました。

ちなみに、インサート撮影で使用した料理は、スタッフが残さず全部いただきます!用意されたものを終わったら捨てるというわけにはいかないので、それを食べるというのもスタッフのお仕事です!