制作日記

制作日記

映像製作業務『インサートロケ』について~撮り方は大きく3つの方法があります

こんにちは、撮れ高スタッフの宮坂です!今日は映像製作業務における「インサート」について紹介していきます!

まずインサート(insert)についてですが、日本語で「差し込む」、「組み込む」とあった意味があります。映像業界での用法としては、タレントさんが料理を食べればその前後に、「その料理を美味しそうに」あるいは、「視聴者が食べたくなるように」した映像や、アトラクションに乗る場合は、「そのアトラクションを紹介」をしたり、「乗った人の目線」の映像などを指します。

インサートは、映像技術会社や制作会社によって撮り方が異なります。B班(インサートチーム)を作り、本隊のロケを追いかけながら取材先に残ったADさんと、必要なものをする方法と、後日改めてインサートのみしに行く方法と、事前にインサートを済ませておく、と大きく3つの方法があります。

B班を作る方法

当日のうちにインサートを撮れるという事や、取材先にとっても1日で全て撮り終われば、負担が少ないという点では優れていますが、収録したものを見返したり、編集に入ってから「あれが欲しかった」「これがあればよかった」という事になってしまうこともあり、追撮(別日に追加でする)となると想定外の技術費がかかってしまいます。

別日にインサートロケをする方法

これは当日に撮るのに比べて、必要な画が明確になっているため、無駄も少なく進めることができます。しかしお店にとっては営業時間を削ったり、本来なら仕込みの時間をにあてたりと、時間的負担が増えてしまうのが難点です。

事前にインサートを済ませる方法

これは少し特殊ですが、グルメ番組などで用いられます。料理の食材や行程を事前にインサートとして/編集し、その映像を本収録で出演者に見せ、複数あるうちどちらを食べたいか、その料理の金額を予想する、などの企画には最適な方法です。しかし別日に行う方法と同じく、営業時間や仕込みの時間にさせていただきますが、その時に、本収録当日の打ち合わせをしたりすることができます。

後食べるのはADやCAなど若手の仕事

「インサートロケ」を行う場合、大抵は昼食がありません。なくて済むのです。僕たちはインサートを終えた順にどんどん食べています。用に作ってもらい、終わったら捨てる、というわけには行きません。何品も撮り何店舗も回ったら食べるのは、ADやCA、若手の仕事です。笑

映像業界を目指している、または入りたい映像制作会社がグルメ番組を担当している場合は、ウマハラ(美味しいハラスメント)があることを覚えておきましょう。

 

・収録・ロケ・中継・配信・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)・テレビ音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社 撮れ高 (03-6274-8982)