制作実績

中継業務にカメラマンとして参加~中継機器「LiveU」を使用

みなさんこんにちは!撮れ高 映像部スタッフの野尻です。

先日、LiveUという中継機器を利用した業務に参加しましたので、その業務内容をご紹介いたします。

LiveUとは?

LiveUとは、携帯の回線を通じてHD映像を飛ばすことができる機器で、携帯電話が使える場所であれば、どこからでも中継が可能なものです。

LiveUの送信装置から、スタジオに設置された受信サーバーに送信され、受信されたものが、スタジオ内のスイッチャーに入力されています。

撮った画が送信されて実際の配信画面にのるまでには、5秒ほどのタイムラグがあり、また、受信サーバー側で、送信機の電池残量などの状態も管理できるようになっています。送信機のイヤホンOUTにイヤホンを挿すとスタジオからの指示が聞こえる仕組みになっていました。

中継先でカメラマンを担当

私は中継先でカメラマンを担当しました。今回、初めてこの機器を使用しましたが、送信機は手のひらサイズで、びっくりするくらい軽量でコンパクトでした。

送信側の使い方は簡単で、カメラからのSDIoutを入力し、電源を入れるだけです。現場に持って行くものも少なく、こんなに手軽に中継ができることに驚きました!

送信機は2~30秒ほどで電源が立ち上がり、受信サーバーへの送信が始まります。カメラマンにはアシスタントはつかず、カメラマンがカメラを持ちながら、送信機と予備バッテリーを入れたポーチを背負うだけの、シンプルなスタイルで中継が可能になります。

画作りについてカメラマン同士で入念に話し合い

今回は2カメをLiveUで生中継する業務でした。普段スタジオなどでの収録業務は、他のカメラがどういう映像を撮っているかを確認するモニター(送り返し)があるのですが、今回は野外のからの中継で、確認できるモニターがなかったため、もう一人のカメラマンと 事前にどういう映像を撮る(画作り)をするのかなど、役割を入念に話し合い本番に挑みました。

関連記事:映像技術解説~テレビ収録や生中継時の「送り返し」の使い方について

実際の配信は、リアルタイムでは確認できませんでしたが、後で配信された映像を確認しましたところ、ノイズなどもなく問題なく配信されていたようです。

本番中は、演者が走る場面があったり、途中で雨が降ってきたりと大変な場面もありましたが、無事配信を終えることができました。日々の業務を通じてこうした新しい映像機器に触れる機会があることは、とても刺激になります。