制作日記

制作日記

映像制作解説~Adobeの映像編集ソフト『After EffectとPremiere』の役割について

こんにちは。撮れ高 映像部の佐々木です。以前、バラエティ番組のテロップについてお話しさせていただきました。テロップを入れるのにはソフトウェアを使って文字を編集してから動画に載せます。映像作品を作るにあたり、Adobeのソフトウェア、Photoshop、Premiere、Illustrator、After Effectなどが使われることが多いですが、今回はこの中でもPremiereとAfter Effectについて話します。

関連記事:映像制作解説~バラエティ番組で使われるテロップについて

After Effectとは?Premiereとは?

After Effectはアドビシステムズが販売しているソフトウェアで、ビジュアルエフェクトやモーショングラフィックスを作成する時に多く使われています。他にも映像合成やタイトル制作に使われることがあります。Premiereもアドビシステムズが販売しているもので、主に動画編集を目的としたソフトウェアです。動画を繋げたり、静止画を挿入することができます。この2つのソフトウェアは両方とも、映像を編集する時に使われるものですが、それぞれ編集の役割が違ってきます。

After Effectの主な役割

After Effectは基本的に、短いカットの映像や細かい作業や設定が必要な映像に使われます。いろいろなエフェクトがソフトウェア内にあるため、より魅力的な作品を作ることができます。番組のタイトルに動きをつけたい時やモーショングラフィックスのようなクールな動き、番組テロップの文字に光沢やアニメーションの動きをつける時に活躍するソフトウェアです。他にも、被写体を追いかけて自動的にモザイクをかける事や、映像の手ブレを低減させることも出来るため、映像の質を上げる時に使われます。

Premiereの主な役割

Premiereはいくつもある素材をソフト上で繋ぎ合わせて、一本の作品に仕上げるために使います。After Effectとは違い、短い動画ではなく長い動画を扱うことも多いです。また、Premiereでもテロップを入れることができるため、長編映像で複雑でない映像作品を作るときに使われます。

バラエティー番組の始まりなどに、よく目にするオープニングムービーや番組タイトルの動きはAfter Effectで作られることが多いです。ほんの数秒の動きでも長い時間かけて作られています。Premiereはドラマや映画のカット数の多い作品を一本化する時に使われます。

下記弊社が作成した動画は、Premiere Proを使用して編集しています。

関連記事:マッチングアプリ『Pairs』の動画制作~キャスティング・・編集・ナレーションを弊社が担当

他にもアドビシステムズの提供しているソフトウェアは多く存在します。興味のある方は調べて見てください。