制作日記

制作日記

映像技術解説~カメラレールの種類や組み方など

こんにちは、撮れ高スタッフの宮坂です!今回はカメラレールについてご紹介していきます!

パレットレールの組み方

先日某ライブフェスのアシスタントとして参加した際にパットレール(簡易的なカメラレール)を組みました。特殊機材会社が持ってるレールと全く違う、簡易的なレールは久しぶりです。このレールはレベル(水平)もとらずに済みます。細く軽い鉄パイプのようなレールですが、ネジで延長することができます。15メートルも組むとなると手のひらにマメができるんじゃないかというほどに疲れてきます…レールの幅を固定する「枕木」を取り付けて完成です。そして、そのレール上にスパイダードリー(レール専用の軽量簡易式移動車)を乗せ、その上に三脚やカメラを乗せて使用します。

カメラレールにも様々種類があります

カメラレールにも種類があり、ライブや映画などで使われるレールはそれなりに重く、鉄やステンレスで作られてます。CMやMVで使われるレールは1つでも筋肉痛になるんじゃないかと思うくらいの重みがあります。ライブなどは多少の揺れでも許され、それが求められる場合もありますが、CMでは揺れは厳禁です。商品を売り出す映像になるため凄く滑らかに動きます。そのため重くキズも付けてはいけません。金額的にもライブ用のカメラレールとCM用のカメラレールでは格段にCMのレールの方が高いです。

特殊機材会社のカメラレールの引き方

特殊機材会社が所有しているカメラレールの引き方は、まず床などに傷を付けないようパンチ(カーペット)を引き、その上にレールを置きレールをジョイントします。ジョイントする時もジョイント部分がカギ状になっていて、右に回すと強く閉まり、左に回すと緩くなります。このカギ状の器具を調整する所から始まります。強く閉まり過ぎると、レールが浮き凸凹になり移動する時揺れます。キツくなり過ぎずなおかつ緩み過ぎずに締め、レールのジョイントした部分のつなぎ目を確かめ、段差がないか確認します。

そうして繋げたレールを今度は水平を取ります。水平は横縦横縦の順で測りパッキンを入れます。パッキンにも種類があり一部二部三部厚パッキン、デコラ、角材など、用途によって使い分け水平を取ります。目で見て段差が微妙な場合は、逆にパッキンをつけバランスを悪くします。そうすることによってそこからレベルを取る事ができます。自分も何度かやってしまったのですが、レベルを取った後レールを蹴ってしまい、こっぴどく怒られました…。

CM用のカメラレールの場合

CMはより精密にレールを引くためにレーザーを使ってレールの位置を決めます。そこにレールを置くので蹴って動かしたりしたら、例え1ミリずれてもNGになるので物凄くストイックです。坂道などに引く場合は水平をとるのにも一苦労です。坂の高い部分に合わせて水平をとらなければならないので、パッキンではなく角材やカゴなどで高さを稼ぎます。そうして苦労すればするほど、映像とした作品が出来上がるととても嬉しく、やりがいを感じます!

 

・収録・ロケ・中継・配信・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)・テレビ音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社 撮れ高 (03-6274-8982)