制作日記

制作日記

映像制作スタッフが現場で着る服について~基本黒い服が多いです

こんにちは、撮れ高スタッフの宮坂です!今回は映像制作スタッフが現場で着る服についてご紹介します

音楽イベント・ライブなどは基本黒

映像制作スタッフが現場で着る服は、決められている時があります。例えば音楽イベント・ライブなどは基本黒になります。ドラマなどは黒じゃなくても大丈夫だったりしますが、基本黒い服を着てるスタッフが多いです。その理由は、ライブなどで自分達は黒子にならなければいけないからです。白い服とかを着ていると、とても目立ってしまいます。映像制作スタッフは皆同じ色の服装なので、服装で人を覚えても、誰が誰だかわからなくなってしまうことがあります。今では仕事で着れそうだなと考えてしまい、私服も黒ばかりになってしまいました…(笑)

あと、パンツの素材にも気を使います。ライブとかだとよく貼りパス(服などに貼れるシールタイプのスタッフパス)を貰います。最近はよくユニクロのジョガーパンツを履くんですが、ジョガーパンツの素材だと、そのパスを貼ってもすぐとれてしまいます。その場合はパスの上に養生テープを張るなどして、絶対に失くしなり、落としたりしないよう心がけています。

アウトドア系の機能性を重視した服が人気

また仕事柄、雨や風に強いなど、機能性を重視した服を選んでしまいます。ライブの映像収録業務の場合は、冬は会場内が暖房で結構な暖かさになってるので、そんなに厚着しませんが、ロケの場合は、厚着し過ぎて動きづらいと困るし、着てなさ過ぎで寒いのも困るので、冬の時期のロケはあまり好きではありません・・。

冬はネックウォーマーや手袋はマストです。もし失くしたりしても、最近はコンビニエンスストアなどで購入できるので安心ですね!そして心強い味方は、何といってもヒートテックです!着ているのと着ていないので全く違うので、あれば安心ですよね。毎年冬は買っていてタイツまで履いています(笑)

また、今年やけに現場で見かけたのが、山登で着るようなアウトドア系のアウターです。映像制作のスタッフは皆さん良い服を着ていらっしゃいますね…(笑) やはり、少し値段が割高になっても、機能性がとてもいいアウターが増えています。。さすがに数多くは買えませんが、安い物を買ってすぐ潰してしまうより、多少高くても長く着れる服の方が良いと思っています。

 

・収録・ロケ・中継・配信・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)・テレビ音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。。

株式会社 撮れ高 (03-6274-8982)