制作実績

ライブ撮影のTDを担当~カメラポジション決めやケーブルルート等をプランニング

みなさんこんにちは!撮れ高映像部の西川です。

先日私はあるホールでのライブイベントの、配信のカメラプランを考案する業務をご依頼いただ、いわゆるTD(テクニカルディレクター)のような役割を担当しましたので、今回ご紹介します。

会場の規模としては、500名程度が入るくらいのホールで、既にカメラ席として後方の中央や、最前列、客中45度の位置の座席は売り止めして抑えられている状況でした。

前回の資料も参考にしつつカメラの役割・ポジションを決定

カメラプランを考える上でまず初めに考えたのは各カメラの役割とポジションです。カメラ台数は今回5台あり、以前、同じようなホール規模でのライブ案件を担当した際と同じでしたので、過去の実績を参考にして進めることにしました。

以前は、後方に引きのカメラ、演者のワンショットなどを抜くカメラ、ステージ前には上下に1台ずつ、センターにパットレールで移動できるカメラが配置されていましたが、今回は前回とまったく同じようには出来ませんでした。今回はステージから花道が伸びていたのが理由です。そのため、ステージ前にレールを敷いて撮ることができず、また演者さんが花道でパフォーマンスをする場合、ステージ前に3台あっても、後ろ姿しか撮ることが出来ないということになってしまいます。

当初は、上下両方の45度の位置に1台ずつカメラを配置し、ステージ前には1台のみという配置にしていました。ただ、そのプランをクライアントに提案したところ、花道の使用は一瞬のみでほぼ使わないとの事でしたので、プランを再考し、最終的には45度は下手のみで、ステージ前の上下に1台ずつ配置することになりました。

ケーブルルートの工夫や光伝送の採用について

カメラ位置が決まると、ケーブルルートを考えていきます。まずはスイッチャーの卓の位置をヒアリングし、そこからどのようにカメラにケーブルを引くかをプランニングします。今回は下手舞台袖にスイッチャー卓を置くとの事でしたので、基本的には下手の壁沿いを這わせていくことになります。

しかし、今回は基本的に同軸ケーブルを用いていて、カメラ1台あたりのケーブル数が3本ほどありました。そうすると後方のカメラへのケーブルが、2台分とはいえ合計6本になってしまいます。ホールの入り口の部分でケーブルの立ち上げも発生してしまうので、撤収のことを考えるとなるべくケーブル本数は減らしたいところでした。そこで使用したのが光伝送です。

光伝送を使用することで、数本のケーブルを1本の光ケーブルにまとめることができるため、後方に行くケーブル本数を減らすことができました。過去に光伝送について書かれた記事がありますので、そちらも合わせてご覧下さい。

関連記事:ドッキリ番組の生放送の現場にCAとして参加~光伝送装置を使用した撮影業務をサポート

今回、初めてこのようなプランニングに関わり、難しさもありましたが、実際に自分の考えたプランが上手くいくと、嬉しい気持ちになりました。

おまけ

自分がプランニングすると、自ずと必要な機材、不必要な機材がわかって、機材車への積み込みも普段と比べてより下ろしやすさを考えた積み方をすることができました。あまりにも綺麗に積めたので大きな忘れ物を疑ってしまいました。笑

弊社では、コンサート・スポーツなど各種イベントの撮影・収録・中継の他、テレビ番組の撮影・収録、ENGロケ、ネット配信、MV制作、映像制作など幅広く対応しております。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社 撮れ高 (0120-013-315)