制作実績

バラエティ番組のENGロケにCAとして参加〜撮影の大まかな流れや注意した点など

みなさん、こんにちは!撮れ高映像部の松井です。

先日、バラエティ番組のENGロケの業務をご依頼頂き、CA(カメラアシスタント)として参加しました。初めてのロケという事で緊張していたのですが、普段と違った体験が出来た上に楽しめたましたので、ご紹介していきたいと思います。

撮影の大まかな流れについて

まず最初、撮影現場に到着したら機材の準備をします。カメラアシスタントがカメラや照明、マイクなどの機材全てを組み立てていき、撮影できる形にしていきます。そして今回は再現VTRのロケのため、一つ撮影したらすぐ次のシーンを撮影する、これを何回も繰り返していきました。その為、カメラアシスタントは頂いた台本を見つつ、制作の方が決めて下さった撮影順番の指示通りにスムーズに進むよう勤めます。

撮影量も多く、場所も移動したの特に素早くやる必要がありました。また、ADの方もいらっしゃり、アシスタント同士協力して進めていく事もしました。ただ、少ない人数だった為、テキパキと正確にやっていくのが大変でしたが、そのお陰でロケでの勉強をしっかりと学ぶ事が出来ました。

撮影中に注意していた事

様々なシーンがあり、同じ場所での撮影でも細かく移動する事がありました。その為、三脚の使用・未使用が頻繁にあり、また、撮影中はいつ一つのシーンが終わるか、次はどこで撮るかなどを考える必要がありました。三脚を付けたままでも高さが変える事は当たり前にあるため、カメラマンの手助けをすぐに出来る位置にいる事も大事で、三脚に触れる時は、カメラマンが待つことのないように素早く対応したり、声掛けを特に意識し行動しました。

また、照明やマイクも映像側が対応する必要があり、一つのシーンを撮り終わったら「機材の移動→撮影→機材の移動」という感じで、周囲に気を付けながら、制作さんや演者さんを待たせないように素早くやる事に注意していました。

特に照明やマイクは経験が浅く、よくわからないことも多かったものの、撮影終盤にいくに連れて、照明の置き場所やマイクの扱い方がに慣れてくるなど、学べている感覚がありとても嬉しかったです。今後ロケにいく業務に参加する際には、今回学んだ事を活かせるようにテキパキと動いていきたいと思います。

弊社では、テレビ番組のロケの他にも、スポーツ・ライブコンサート等各種イベントの撮影・収録、生中継、画出しや、ネット配信、MV制作など幅広く対応しております。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社 撮れ高 (0120-013-315)