制作実績

企業VP制作の撮影現場にカメラマンとして参加〜グリーンバックを用いた撮影の注意点

皆さんこんにちは。撮れ高映像部スタッフの平良です。

先日、ある企業様のVP(ビデオパッケージ)撮影業務をご依頼いただき、現場にカメラマンとして参加しましたので、今回のブログでは、その実際の撮影現場での様子をご紹介していきたいと思います。

グリーンバックの撮影現場

今回の撮影現場は、都内のグリーンバック設備のあるスタジオを使いました。レンタルできる会議室等を押さえて、グリーンバックの布を持ち込んで照明を立てて…といったゼロから作る場合もたまにあるのですが、今回はスケジュールの都合もあり、グリーンバックのスタジオを借りて使用しました。

グリーンバックの撮影現場では、注意するべき点がいくつもあるのですが、第一に挙げるなら「照明」が一番大事です!

実際の撮影現場の風景

この写真は実際の撮影現場のセッティング風景なんですが、照明はいつもお世話になっている照明部さんにお願いしました。撮影する演者は1名で立ちの撮影のみなのですが、この照明量です。

グリーンバックの現場では、編集でグリーンが綺麗に抜けるように、背景の布にフラットに当てる照明も大事ですが、被写体に対しての照明づくりはもっと大事なんです。被写体と背景の露出差を絶妙なラインで調整することで、初めて綺麗なキー抜きが成立します。

現場でクロマキー合成を用いてモニタリング

撮影している映像は、カメラから有線で大型モニターに接続してモニタリングしますが、今回はグリーンバックの撮影のため、仮でクロマキー合成をした画面をモニタリングできるように、合成用スイッチャーを噛ませました。

撮影現場のイメージ

上記のイメージ画像にもあるように、実際にクロマキー合成で背景に使いたい静止画や動画をスイッチャーに取り込み、仮で合成した画面を、フロアやクライアントに見せることができます。こうした作業のおかげで、制作・クライアント・演者間でイメージを擦り合わせたり、完成図のイメージをより想像しやすいようにしているんです。

クロマキー合成の撮影は慎重に

コロナが流行り、リモート撮影も増えてグリーンバックで撮影する機会が一時期増えましたが、現場でとりあえず「なんとなく」で撮ってみて、編集でなんとかしているというスタイルをよく見かけます。

「背景グリーンにしてとりあえず引き画撮って」スタイルは結構危険です!ハマる画も出てくるとは思いますが、画角は変えられてもアングルは変えられないため、欲しい画のイメージがあるなら被写体との距離感や照明の具合、アングルや画角などしっかり整理して撮影することをお勧めします。

当たり前のことですが、同じバストショットでも毎回サイズが違ったり、なんとなくで照明を当てたりしていて、編集でなんとか持っていくスタイルを続けても良い作品作りには繋がらないので、これを読まれていて心当たりのある方は、ぜひ撮影環境から見直してみるといいかもしれません。

撮影依頼も当然承りますので、機会がありましたら是非ご連絡下さい。

弊社では企業VP制作の他、ライブ・コンサートや各種イベントの撮影・収録、テレビ番組収録、ENGロケ、スポーツ生中継、リモート収録、ネット生配信、MV制作など、幅広く対応しております。まずはお気軽にお気軽に電話メールにてお問い合わせください。

株式会社 撮れ高(0120-013-315)