制作実績

スタジオでの音楽番組収録にCAとして参加~スタンダードカメラの撮影をサポート

皆さんこんにちは。撮れ高映像部スタッフの三橋です。

先日、スタジオでの音楽番組収録の業務をご依頼いただき、現場にCA(カメラアシスタント)として参加させていただきましたので、その現場での様子を紹介していきたいと思います。

今回の撮影現場では、スタンダードカメラが4台、クレーンカメラが1台、三脚ドリーのカメラが1台、ジンバルのワイヤレスカメラが1台あり、全部で7台のカメラを使用し、収録していました。

スタンダードカメラを担当

私は今回、スタンダードカメラのアシスタントに付いて、スタンダードカメラのケーブルをさばきました。収録自体は何度も参加させていただいているので、スタンダードカメラのさばき方は見ていましたが、いざ自分が担当となるとやはり緊張しました。

スタンダードカメラのアシスタントに付くことで、真後ろという1番近くでカメラマンのカメラワークだったりテクニックを見ることができるので、とても勉強になります。音楽番組で見るカメラワークをどのように動いて撮っているのか学ぶことが多いです。

トラブルを回避するケーブルの這わせ方について

1日で何曲も収録し、さまざまなカメラワークをする中で、ケーブルの這わせ方も大切なことのひとつです。基本的にはセッティングしたままの通りで成立することが多いですが、曲によってはカメラ同士が入り乱れてしまい、ケーブルが絡まってしまう恐れがあることがあります。そういったことを事前に防ぐために、該当する曲だけ大這わしにしたり、絡まる恐れのあるカメラのケーブルをくぐったりするなどして、トラブルを回避します。こういったことをカット割台本を見て気づいたり、リハーサルで発見して、本番時にはカメラマンさんがストレス無く撮影することが出来るように対策をします。

撮影は大きなミスをすることなく終えられましたが、「あの時はもっとこうしたほうがよかったな」という点だったり、周りのアシスタントの方に教えてもらったりしていたので、細かい反省点をこれからのアシスタント業務に生かして、これからもスタンダードカメラに付くことができるように頑張っていきたいと思いました。

今回、スタジオでの音楽番組の収録現場に参加させていただきましたが、これからも業務に参加させていただけるように、カメラ準備や音楽番組ならではの動き、スタジオでのやり方など、スタジオで経験して学んだことを、生かしていきたいと思います。

弊社は、TV番組の撮影・収録の他、ライブコンサートやスポーツなど、各種イベントのの画出し・撮影・収録・中継、ENGロケ、ネット配信、PV撮影、映像制作など幅広く対応しております。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社 撮れ高(0120-013-315)