制作実績

『Honey L Days』のライブの撮影・配信を担当②~高画質映像と音声のみの二媒体で配信

みなさんこんにちは!撮れ高 映像部スタッフの木下です。

先日、TSUTAYA O-WESTにて行われた、ボーカルデュオ『Honey L Days』さんのライブコンサート「Honey L Days ワンマンLIVE 2020~ALL-IN-ONE~」の撮影と配信を弊社で担当させていただきました。

関連記事:『Honey L Days』のライブの撮影・配信を担当①~一眼系カメラでの撮影&シネスコサイズで生配信

後編では、主に配信技術・業務についてご紹介いたします。

有料配信を行なうための準備作業

今まで多くの配信を担当してきましたが、今回は有料チケットを購入していただいた方への配信ということで、プラットフォーム上でのイベントページ作成のための情報、資料収集、映像、音声が異常なく配信されるかのテストなど、より一層シビアに事前確認するべき事項が多くありました。

  • 有料チケットの販売、配信を行うプラットフォームを探す
  • チケットページ作成のための情報、画像などの資料まとめ
  • 有料配信プラットフォームを使用しての配信テスト

今回は、次世代電子チケット販売プラットフォーム『ZAIKO』 を使用してチケット販売から配信までを行いました。ZAIKOへ映像をストリーミングする際に推奨されているのが、配信ソフト『OBS(Open Broadcaster Software)』です。弊社が普段使用しているストリーミングソフトはOBSではない為、そのソフトで対応できるのかというテストが最優先で必要でした。

配信テスト自体は、ZAIKOが使用している配信システム(Vimeo)のURLとストリームキー情報を教えていただき、そこにテストとして弊社から映像データを流し込み、それをテスト用URLで確認するという作業です。

テストの結果は何の問題もなくストリームされ、映像の確認もできていたので、当日も同様の方法で配信を行う段取りにしました。ただし、配信を行う会場『TSUTAYA O-WEST』でテストが出来たわけではないので、インターネット回線の問題など、当日何が起こるかはわかりません。バックアップ用としてOBSを利用しての配信準備も同時に行いました。

また、今回の配信ではYouTubeにて、音声のみの特別生配信も行ったので、配信側でZAIKOの有料配信、YouTubeの音声配信の2つの管理をする必要がありました。

また、配信を行う場合は、会場のインターネット回線を使用する必要があるので、配信に使用出来る速度であるか調べるために、毎度事前にインターネット速度を測定します。その際にベース位置(スイッチャー、配信)からカメラポジションまでの距離とネットルーターの位置までの導線を確認します。それにより、当日使用するケーブルの長さを選定するのがスムーズになります。

O-WESTでは最長で50メートルのケーブルで対応できましたが、今回のベース位置はステージ裏の階段踊り場という限られたスペースでしたので、卓周りはコンパクトにする必要がありました。配信機材周りは熱を持ちやすいこともあり、サーキュレーターで風を送り、熱を冷ましながらの作業になりました。

配信先が2つの異なる媒体の場合の準備・対応

撮影した同じ内容の映像を、例えばYouTube、Periscopeなどに配信する場合は、1台のPCで出力設定を2箇所にするだけで済むのですが、今回は、1つは映像と音声あり、もう1つは音声のみのため、配信機材を2セット用意して設定、操作、管理が必要となりました。

ライブ会場にてインターネット回線を2回線用意してもらうこと、蓋画を5パターン用意すること、YouTubeにて『生配信イベントを作成』など準備する内容も多いため、漏れのないように丁寧に確認作業を行いました。

ライブ当日の対応

当日は担当者の方と連絡を取り合い、リハーサルの様子をテスト配信し映像チェック。それを一度アーティストにも確認してもらい本番に備えました。本番30分前からZAIKO、YouTube共に蓋絵にて配信開始、ライブ開始1分前から会場映像に切り替えてアーティストの登場を待ちました。

また、本番中はZAIKO、YouTubeでの配信に問題がないか常にチェックをします。今回はコメント機能は使用していなかったので、そこの対応はありませんでしたが、通常はコメントの管理も同時に行います。スパムが多い場合はひたすらブロックしながら配信チェックも行うなんてことも多くあります。

撮影・配信・編集は撮れ高にお任せ下さい!

撮影からスイッチング、そこから配信という業務は日頃から多く担当しておりますが、今回のような有料配信も弊社で対応可能です。また、ライブ現場の撮影のみならず、テレビ番組のスタジオ撮影やロケ撮影も日々行っています。

小規模な現場でも大規模な現場でも柔軟に対応可能、各現場で最適な機材選定と高品質な映像を撮影・編集致します。最近では生配信の現場も多数担当していますので、ご入用の際はお気軽にお問い合わせください!

株式会社 撮れ高(0120-013-315)