制作実績

ライブコンサートの生配信業務にCAとして参加~クレーンカメラのセッティングを担当 

皆さんこんにちは、撮れ高映像部スタッフの三橋です。

先日、ライブハウスでのライブ配信業務をご依頼いただき、現場に初めてCA(カメラアシスタント)として参加しましたので、その現場での様子をご紹介します。

今回の撮影現場では、三脚固定のカメラが後方に10台(そのうち6台はアーティスト1人づつの専用カメラ)、2階客席上手に1台、三脚ドリーのカメラが1台、ハンディーカメラがステージ前上手下手に1台ずつ、ステージ上手袖に1台、クレーンカメラが1台あり、全部で16台のカメラを使用し撮影しました。

クレーンカメラのセッティングについて

今回の現場ではクレーンカメラのセッティングを担当しました。使用したカメラはSONYの「HDC-P43」です。他のシステムカメラに比べて本体の大きさが小さく、カメラが見切れるようなポジションでも目立たないのが特徴です。

HDC-P43

仕様上、光ケーブルをそのまま接続することが出来ないため、カメラと光ケーブルとの間に、「ST光ケーブル」と「HKCU-SM100」というCCUエクステンションアダプターが必要になります。

セッティングでは、特機会社(撮影用の特殊機械を取り扱う企業)の方と一緒にセッティングしていくため、クレーンのアームに這わせるケーブルを間違えないように注意します。もし間違えてしまった場合は、やり直しとなり特機会社の方々にも迷惑をかけることになってしまうため、二度手間にならないように慎重に作業しました。

クレーンカメラ

クレーンカメラのインカムについて

撮影業務にはインカムを使用します。インカムとはカメラマン同士の間で、またカメラマンとベースとの間で連絡を取り合うための通信機器です。クレーンカメラなどの特機を使用する場合、通常のカメラマンとの間、カメラマンとベースとの間以外にも、ローカル回線と呼ばれる、クレーンのカメラマンと特機オペレーターとの間の別回線を作る必要があります。

関連記事:現場での撮影業務時に使われる「インカム」について

クレーンのカメラマンが撮影したい画を撮るにあたりローカル回線を使用することで、クレーンカメラに関わる人だけで会話をし、クレーンの台車位置やアーム操作によるカメラアングルなどを伝えることができます。

初めての現場を経て感じたこと

初めての現場で「何をどうすればいいのかわからない」という場面が多かったのですが、わからないことはすぐに先輩や周りの方々に聞くなど、業務に貢献できるように努めました。これから先も沢山のの現場でしっかり経験を重ねていきたいと思います。

弊社ではライブ・コンサートやイベント等の撮影・収録の他にも、ENGロケ、ネット生配信、TV番組やドラマの撮影・収録、動画編集、映像制作など、幅広く対応しております。まずはお気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社 撮れ高(0120-013-315)