映像技術解説

撮影現場で役に立つテープの種類や使い方について

皆さんこんにちは!撮れ高スタッフの西村です。

撮影現場では様々なテープを使用しますが、それぞれのテープはどれも役割が違い、撮影現場では必要不可欠な存在です。ライブコンサート収録現場ではお客さんの導線にケーブルが横切ることはよくあることなんですが、安全への配慮がなによりも1番大事なので、そんな時はケーブルを養生テープで貼り付けて引っかからないようにします。

養生テープやビニールテープはよく使うこともあり皆さんも知っているかと思いますが、今回は撮影現場でも使用する少しマニアックで便利なテープについてご紹介します。

パーマセル

このテープは養生テープやビニールテープのような粘着テープとは素材が違い、和紙のような紙をベースに高級な糊が使用されているので簡単に切り貼りでき、粘着テープのように跡が残らないのが特徴です。

黒色を使用することでライブコンサートの会場のような暗い撮影現場では目立たないですし、しっかり張り付くのでとてもおすすめです。現場では放送用カメラからモニターに電源を供給するDタップケーブルを使用する時はパーマセルを使用します。

Dタップケーブルカメラ側はとても取れやすく、そのままでは撮影中に抜けてしまいます。そこでパーマセルを使用することしっかり固定できることはもちろんですが、使用後にテープの跡が残らず、黒を使用することでカメラと同じ色で目立たないので毎回パーマセルを使用します。

ガッファーテープ

ガッファーテープは布製の粘着テープで黒や白のほかに蛍光色など様々な色の種類があります。その中でもライブコンサートの撮影現場では蛍光色を使うことが多いです。

先ほどのパーマセルのようにカメラはあまり目立たない方がいいので黒を使うべきかと思いますが、そもそもガッファーテープはカメラマンが位置を把握するために使用するので蛍光色ではないとライブコンサートの会場では見えないのです。

ガッファーテープで小さい三角を作り、特機ではピントが合っている位置にそれを貼ることでピントが合うところが一目で分かります。また、レンズチェンジのあるカメラではレンズを変えるとカメラのバランスが変わってしまうため、各レンズごとにバランスの取れた位置をマークすることで、撮影する体制をすぐに作ることが出来るなど、ガッファーテープはとても重要な役割を担っています。

このほかにもテープはたくさんありますが、どれも役割が様々で使用用途によって使い分けています。しかしテープですので跡が残ってしまうことも多く、一部の会場ではテープの使用を禁止するところもあります。

特にガムテープは粘着力が強力なのですぐ跡が残ってしまうので使う時は注意が必要です。テープは重要なものの1つですが、使い方はしっかりと理解した上で使用していきましょう。

弊社では、ライブコンサートの画出しや収録、ENGロケ、PV撮影、ネット生配信・中継、動画編集など、幅広く対応できますので、まずはお気軽に電話・メールにてご連絡ください。

株式会社 撮れ高(03-6274-8982)