制作実績

サッカーの試合の中継現場にCAとして参加~VARに関する業務をサポート

みなさんこんにちは!撮れ高 映像部スタッフの村上です。

先日、サッカーの中継現場にCA(カメラアシスタント)として参加しましたので、その現場での業務についてご紹介していきたいと思います。

今回参加したサッカーの試合の中継では、VARが全カメラに導入され、VARに関する業務のアシスタントを主に行いました。

関連記事:衛星放送のサッカー番組の中継現場にCAとして参加~中継用アンテナの保守を担当

現場での主なアシスタント業務

VARとは、ビデオ・アシスタント・レフェリーの略称で、サッカーにおけるビデオ判定を主に担当する審判員のことを言います。

主にVARのアシスタント業務は、VAR車から中継車にもらう同軸を2本と、中継車からVAR車にもらう同軸をカメラ台数分引きます。そして、連絡線としてキャノンを一波引き、クリカム(クリヤカム・・・ Clear-Com社の有線のインカムです )を準備します。そして、ピッチセンターには、レフェリーが映像を見て判定するモニターを準備します。

そのほかにも、VAR車からピッチセンターまで引っ張った光ファイバーで、映像、音声がVAR車からくるように繋げます。光ファイバーはとても繊細なケーブルで、取り扱う際にはかなり慎重に作業を進めていました。

同軸を引っ張ったりする作業はこれまでのCAの業務と同じような作業ですが、ピッチセンターでのモニター出しは、今まで見たことのない機材を使っており、まず覚えることから始めないといけないなと思いました。

ピッチセンターに準備してあるモニターは、選手入場が終わると、選手が通ったセンターのところまで持ち運び、レフェリーの方が判定をする際、いつでもすぐ見れる場所にセットしました。

今回の現場ではいつものCA業務とは少し違ったVARの業務を行いましたが、少しずつ業務を覚えていき、サッカーについてもっと興味を持てるようにもしていきたいなと思います。

弊社では、スポーツ中継の業務以外にも、ライブ・コンサート、各種イベントの画出し・収録や、ENGロケ、ネット配信(有線LAN回線なしでも対応)、映像制作など幅広く対応しています。また、海外案件も得意としており、カルネ申請もスムーズです。

ご入用の際はお気軽にお問い合わせください!

株式会社 撮れ高(0120-013-315)