制作実績

衛星放送のサッカー番組の中継現場にCAとして参加~中継用アンテナの保守を担当

皆さんこんにちは!撮れ高 映像部スタッフの西村です。

先日、プロサッカーの中継現場にCA(テレビカメラアシスタント)として参加させて頂きました。今回のサッカーは日本のプロチーム同士の試合ではなく、日本と海外との試合でした。

この現場では今まで経験したことのないことがあったり、勉強になることがたくさんあったので、今回はこちらの現場をご紹介します。

中継現場のカメラセッティングなど

現場では中継車を使用し、衛星放送で放送するための中継業務でした。カメラは10台ほどあり、ほとんどが長玉で、1台だけハンディの放送用カメラがありました。ハンディカメラは選手のロッカールームやバス降りの撮影を、本番中は入場と三脚ドリーでゴール裏から撮影をしていました。

長玉はオフサイドを判別する時の映像を撮る2台と、ルーズの映像を撮る1台、残りはスタンドやフィールドレベルでの寄りを撮っていました。

サッカーの撮影は、テレビで観ている皆さまに映像をお届けすると同時に、オフサイドを判断する映像やVAR(ビデオアシスタントレフリー)の際に使われる映像も撮影しているので、カメラマンがしっかり映像をおさえられていないと試合にならないので、そのこともしっかり考えて撮らないといけないため、難しそうだなと毎回思います。

特にこの日は雨が降っていたので、レンズ前に水滴が付くので拭くタイミングも考えないといけないので、気が抜けないなと思いました。

本番中は中継用アンテナの保守を担当

今回の現場では、いつも通り長玉を組んだり、ケーブルを引いたりしたのですが、本番はカメラにつかずに中継班が設置したアンテナを見守っていました。

このアンテナは、中継先で撮った映像などを放送される局へ送るためのアンテナで、サッカーの現場ではスタンド最上段の柵に固定して置かれることが多いのですが、この日は雨風が強かったので、固定していても柵ごと風で揺れていたので、揺れを抑えたりする要員で見守っていました。

東京ドームなどと違いサッカー場は吹き抜けになっているので最上段だとものすごい風が吹き、立っているのがやっとの状態でした。今回くらいの風であれば、風の影響で放送が途切れることはないと思いますが、アンテナ部分の部品が飛んでいって、電波が送れなくなり途切れることは充分あり得るので、ヒヤヒヤしながら保守作業をしていました。

放送時間の3時間程度でしたが、特に何事もありませんでしたし、試合を観ながら見守っていたのでで、試合終了後には無事終わったとホッとしたのを覚えています。

今回の現場では、意外にも重要な役割だったのでしたが、まず何もなく終われて安心しました。中継が途切れたら自分のせいになるという緊張感の中、どのようにしたら揺れが抑えられるかなど自分で考えて出来たと思います。

撮影のサポートだけでなく、このような貴重な経験もたまには経験したいなと思う現場でした。

弊社では、スポーツ中継の他、ライブコンサートや各種イベントでの画出し・中継・収録や、ENGロケ、ネット生配信(ネットLAN回線なしでも対応)、動画制作・編集など幅広く対応でき、海外案件も得意としております。まずはお気軽に電話・メールにてご連絡ください。

株式会社 撮れ高(03-6274-8982)