制作実績

地上波バラエティ番組のENGロケ撮影にCAとして参加~撮影時のケーブル補助やインサート撮影に対応

みなさんこんにちは!撮れ高 映像部スタッフの村上です。

先日、地上波のバラエティ番組のENGロケ撮影の業務をご発注いただき、CA(カメラアシスタント)として現場に参加しましたので、その時の現場での動きや様子について紹介していきたいと思います。

ENGカメラを使用して4面マルチモニターでモニタリング

今回の現場では、2人1組で計4組のチームがそれぞれテーマに沿った2品の料理を時間内に作っていくというもので、今回は全5台のデジのENGカメラ(バッテリー駆動)を使用して、そのうち4台は4面マルチモニター(AC電源駆動)にケーブルを繋いで撮影を行いました。

モニタリングありでの収録だったので、本番では基本的にカメラとモニターに繋がれたケーブルの補助を行いました。今回の現場では、カメラの動きなどすべて演者さんの動きによって変わってくるので、4台分のケーブルが全て別々の動きをするので、ケーブルの補助がとても大変でした。

料理のインサート撮りをサポート

今回のロケでは、計8品の料理を作っていたため、最後にまとめて8品分のインサート撮影を行いました。インサート撮影は、視聴者のみなさんがその料理を「美味しそう」「食べてみたい」と思うような画を作らないといけません。

一から全ての料理を作り直して、湯気がちゃんと出ているうちにインサート撮りを行わないといけなかったので、時間との勝負でした。照明の角度1つで湯気が見えたり見えなかったりするため、一つ一つ探りながら撮影を行いました。

お箸やフォークで料理を上げた画(箸上げ)や、料理をパン(カメラの水平な動き)やパンアップ(カメラを上下に振る)した画など、様々なカットを撮影しました。

最近ではロケの仕事もだんだん多くなってきて、ロケでの業務の流れも少しづつですが分かるようになってきたので、これから今までの業務を生かしていけるように日々精進していきたいと思います。

弊社はENGロケ以外にも、ライブコンサート・スポーツイベントの映像出しや中継など、様々な現場の撮影・収録案件に携わっております。また、 ネット生配信業務に力を入れており、ネット回線さえあればすぐにでも映像配信できる技術・ノウハウがあり、トライキャスターの操作も得意としています。

弊社スタッフがご協力できる案件ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!

株式会社 撮れ高(0120-013-315)