制作実績

一般の方をモニタリングするバラエティ番組のENGロケにCA(カメラアシスタント)として参加

みなさんこんにちは!撮れ高映像部スタッフの村上です。

先日バラエティ番組のENG収録をご依頼いただき、 CA(カメラアシスタント)としてENGロケに参加しましたので、業務内容をご紹介します。

一般の方をモニタリングするバラエティ番組

今回のロケでは、隠しカメラを自転車や駐輪場、お店の中など様々な場所に仕掛けました。演者の方はバスから一般の方をモニタリングするというものです。

一般の方をモニタリングするので、あまり人がいない時間帯の早朝からの仕込みでした。バスにはLED照明2台を上から吊るして、演者さんがモニタリングする為のモニター、カメラはデジカメラとENGカメラを準備しました。ENGカメラは、モニタリング終了後に一般の方に突撃して移動するので、デジカメラの方のみに三脚を用意しました。

ENGカメラとは

まずENGとは、Electronic News Gathering(エレクトロニックニュースギャザリング)の省略で、直訳すると「電子的ニュース取材」です。 ENGカメラは本体で映像収録ができ、ケーブルが必要ありませんので、自由に動き回ることが可能で、ロケ収録などに最適のカメラです。ライブの収録現場でも多く使われています。

収録メディアのフォーマットやバッテリー管理など対応

中継カメラでは、光ケーブルを用いて中継車に映像を送り、同時に電源をもらうことができるのですが、 ENGカメラはバッテリー駆動になってしまうので、収録中はバッテリー残量を気にしながら、カメラマンのケアをしなければなりません。

今回のロケでは収録メディアをAスロットとBスロットの両方に入れてダブル録画で収録をしました。CA(カメラアシスタント)はメディアをフォーマットしたりバッテリー管理などの作業を行いました。

撤収の際は、一般の方も多くいる中なので、迷惑にならないように気をつけて撤収作業を行いました。私はライブ、コンサート収録の現場やロケ収録の現場など、様々な現場に行くので、その現場に応じて、カメラの違いなどを意識しながら業務を行っていきたいと思います。

弊社では、ジャンルにとらわれず様々な撮影に携わっており、ライブ・コンサート、スポーツ中継、ロケなど、たくさんの現場の案件に日々励んでおります。弊社スタッフもご協力できる案件がありましたら、 株式会社撮れ高(03-6274-8982)まで、お気軽にご連絡ください。

弊社スタッフもご協力できる案件がありましたら、 株式会社撮れ高(03-6274-8982)まで、お気軽にご連絡ください。