制作実績

ライブコンサートの現場にCA(カメラアシスタント)として参加 〜収録と画出しを担当

皆さんこんにちは!撮れ高 映像部スタッフの村上です。

先日、 ライブコンサートの収録・画出しの業務をご発注いただき、その現場にCA(カメラアシスタント)として参加させていただきました。今回は、その時の現場の様子について紹介したいと思います。

インカムからの指示に合わせて業務を行います

ライブコンサートの現場では基本リハーサルがあります。リハーサルの際にそのライブの雰囲気を大まかに把握し、カメラマンや演者さんの動きをしっかり見て本番に備えます。リハーサル後にもインカム(インターカム)内で指示がたくさんありました。

そもそもインカムとは、離れた場所にいるスタッフに一斉に指令ができ、ハンズフリーでの会話が可能で、両手が塞がっている状態でもコミュニケーションがとることができる機器です。

リハーサル終了後、カメラマンがカメラから離れたら、CAはインカムをつけて何か指示があれば、すぐに対応できるようにしておかなければなりません。今回担当したカメラはデジだったので、PP(ピクチャープロファイル~
映像の特徴を決めるパラメーターを変更するメニュー )の設定や、音の収録をしているカメラのチェックなど、様々な内容がやり取りされていました。

今回の現場は収録と画出しを担当

そして今回のライブの現場で、弊社は収録と画出し(会場のモニターへの映像出し)をしていました。画出しをするには、SW(スイッチャー)にカメラの映像を送らないといけないので、SDIケーブル、SWなどからの指示を受けるためにインカムを使うため、キャノンケーブル、電源をもらう為のACケーブルなどと、たくさんのケーブルが必要になってきます。

オンステージでの作業

今回のライブでは、カメラマンがステージの上に上がって撮影をするという作業がありました。カメラごと近くに寄って撮影をする事で迫力のある画が撮れ、ズームで寄って撮るのとはまた全然違った映像を撮ることができます。

そして、その際にケーブルをさばかないといけないのですが、ステージ上ということもあって注意することがありました。まず、ステージ上では中腰になったり、しゃがんだりしてケーブルをさばく事!

なるべく目立たないように動いて、演者さんの気が散ったり、お客さんから見て気にならないように気をつけなければいけません。

普段ライブはお客さんとして行っていたので、これからはお客さんからの視点とスタッフからの視点を活かして、良い仕事ができたらいいなと思っています!

弊社では近年、多くお問い合わせを頂いているネット生配信に力を入れており、インターネットのLAN回線がなくとも全世界生配信できるノウハウと実績を持っております。

撮影・収録・ロケ・中継・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)・音声・VE(ビデオエンジニアがご対応致します。

株式会社 撮れ高(03-6274-8982)