制作日記

制作日記

映像技術解説~演出を手伝う撮影方法その①:長回しとタイムライプスについて

こんにちは、撮れ高映像部の林です。

仕事で海外に向かう飛行機で2/3ほど観てしまい、日本で公開されてからも観ていなかった映画「LA LA LAND」がノーカットで地上波初放送されたので、やっと結末を観ました!(笑)

ちなみに、テレビで映画を放送する際に「~ノーカットでお送りします~」と言うのは放送時間やスポンサーの都合などでいわゆる”小ネタ”などがカットされてしまうことがあるので、「フル尺で放送するよ!」と宣言するとしないとでは視聴率もかなり変わって来るそうです。

ヒット要因を演出する『長回し』

ヒットの要因と言われるあの”引き込まれる感じ”は、”長回し”が産むものだと言われています!長回しとはカットで繋いでいく手法の真逆とも言える様な、長いシーンもワンカットで撮る撮影方法です。カットで割らないため、臨場感やリアリティを感じさせることができます。

長回しは、実際には編集でつないでいる場合もあります。簡単に言えば前のカットのラストシーンよりルーズな画から始めれば、編集でトリミングして、ズームインのタイミングなどで自然に乗り換えれば繋がって見えます。もちろん細かな編集は欠かせませんが。。

そんな「長回ししたのを見せる尺はない!」なんて時にも使えるのが”タイムラプス”です。まぁそんな理由で使う場合はほとんどないでしょうけど。(笑)

時間の経過を表す演出『タイムライプス』とは?

これは昔からドキュメンタリー番組などで時間の経過を表す時に使われていた手法で、GoProやiPhoneのカメラアプリにもデフォルトで備わっている機能として、浸透してきています。5秒や10秒、1分やそれ以上の一定間隔で写真を撮り続け、自動で動画として保存してくれる、言わば【パラパラ漫画】の原理です。

映画「君の名は。」でもタイムラプスのような演出がありましたが、時間の経過を表現しつつ、壮大感も演出する、ある意味便利な手法です。最近はアーティストのツアーなどで会場のアリーナが見渡せる位置などから仕込み(セッティング)、撤収(バラし)の様子をタイムラプスで撮影し、ファイナルのエンドロールやDVDで公開したりと、様々な場面で活用されています。

次回はPOVショットとバレットタイムについて紹介します!

弊社では、近年多くお問い合わせを頂いているネット生配信に力を入れており、ネット回線さえあれば即生配信番組を配信出来るノウハウと実績を持っております。

撮影・収録・ロケ・中継・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)・音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。まずは、お気軽に電話・メールにてご連絡下さい。

株式会社撮れ高 (03-6274-8982)