制作実績

制作実績

プロフットサルリーグの試合の中継業務(ネット配信)にCAとして参加~ENGカメラ4台を使用

皆さんこんにちは!撮れ高スタッフの西村です。

東京オリンピックに近づくにつれ、最近はさまざまなオリンピック競技に注目されています。何ヶ月か前に行った空手もそうですが、どの競技もオリンピックに向け必死に頑張っている姿を観て、すごいなと思います。

スポーツなどの運動は好きなので、観てたらやりたくなってきたりします。暇な時には、少しでもスポーツをしたいと思うのですが、行動に移せていないので、これからはやってみようかなと思います。

スポーツ中継(ネット配信)の現場にカメラアシスタントとして参加

先日、久しぶりにスポーツ中継の現場にCA(カメラアシスタント)として参加させていただきました。ネット配信のための中継でした。今回はその現場を紹介します。

今回行かせていただいた現場は、プロのフットサルリーグの中継業務でした。サッカーは小学生の頃やっていたので、基本的な知識はありましたが、フットサルはサッカーとはまた違ったルールで、理解するのに苦労しました。簡単なものでは、サイドラインを出るとキックインから始まり、ゴールラインを出るとキーパーの投げから始まるなど違いがありました。

攻守の切り替えが早く個人技のフェイントが魅力的なフットサル

フットサルは、サッカーに比べて、コートも狭く室内なので、ドリブルより個人技のフェイントがすごく魅力でした。ゴールも小さいので、大きく点差がつくことはあまりないですが、攻守の切り替えが早く、見るからに過酷なスポーツなのが伝わってきました。僕は、ゴール裏のカメラについていたのですが、迫力がすごくて、シュートなど怖くて仕方ありませんでした。

現場での業務~ENGカメラを4台使用

今回の中継では、カメラマンがついた固定のENGカメラが客席に2台と、両ゴール裏に移動するENGカメラが2台の計4台でした。移動するカメラは、入場の時や試合後のインタビューの時だけ動き、試合中は動かなかったので、カメラにボールが当たらないように注意して見ておくくらいでした。カメラにボールが直撃することもなく、目立った問題もなかったので、しっかり出来たと思います。

フットサルは2020年の東京オリンピックの競技ではありませんが、オリンピック競技に選ばれた競技以外にもまだたくさんのスポーツが存在します。世間からは注目されていないだけで、どの競技にもその競技ならではの魅力があり、本気でやっている人がたくさんいます。今回はフットサルでしたが、さまざまなスポーツにこれからも中継業務などで関われたらいいなと思います。

弊社では近年、多くお問い合わせを頂いているネット生配信に力を入れており、ネット回線さえあれば即生配信番組を配信出来るノウハウと実績を持っております。

撮影・収録・ロケ・中継・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。

まずは、お気軽に電話・メールにてご連絡下さい。

株式会社撮れ高 (03-6274-8982)