制作実績

制作実績

コントドラマの撮影業務にCA(カメラアシスタント)として参加~様々なカメラワークに対応

こんにちは、撮れ高スタッフの佐々木です。

株式会社撮れ高では様々なジャンルの仕事に参加することができます。今回は、以前自分が参加させていただいた、ドラマの撮影現場についてお話しさせていただきます。

芸人さん&俳優さん共演のコントドラマの撮影業務に参加

参加させていただいたドラマはみなさんの想像する、月9などの連ドラといったものではなく、芸人さんと俳優さん達が出演し、コントドラマのような作品でした。

参加させていただいたドラマはみなさんの想像する、月9などの連ドラといったものではなく、芸人さんと俳優さん達が出演し、コントドラマのような作品でした。

ライブ撮影やロケなどの現場には何度か参加した事があったのですが、過去に一度もドラマ撮影の現場に参加したことがなくとても興味が湧きました。

こちらの現場にはカメラアシスタントとして参加し、現場では基本的にカメラは3台でした。与えられた役割は三台のカメラが移動した時のケーブルの対応、レンズチェンジの時の対応、その他レールやイントレと言った機材が必要な時に準備したりしました。

カメラワークで画に動きとテンポをつける

室内のセットで、別室への移動などは特になく、同じ部屋で色々な角度から撮影したり、色々な撮影方法を使っていました。

一つはカメラワークです。コントでテンポよく会話が進んで行く様子を、三台のカメラで連続パンをし、画に動きとテンポをつけるカメラワークを使用していたり、緊迫感のあるシーンでは三脚を使わず、手持ちで臨場感を表現したりと、普段テレビでしか見れないカメラの動きを現場で見ることができました。

カメラの位置を変えずにカットをつなげる同ポジ撮影

もう一つ現場でよく使われていた技術は同ポジでした。同ポジとは同一ポジションの略で、カメラの位置を変えずにカットをつなげたりすることを言います。

今回参加した現場ではシーン変わりで同ポジを使うことが多く、少し緊張感が走ってました。同ポジはカメラが少しでも動いてしまうと、前のカットと繋がらなくなってしまうため、現場でも一番注意しながら行動しました。

普段映画やドラマなどでよく使われているカメラワークや技術を実際に見ることができ、とても楽しい現場でした。

映画やドラマ以外のPVなどでも多くのカメラワークや撮影技術が使われています。どのように撮影されているのか考えながら見てみると面白いと思います。

弊社では近年多くのお問い合わせをいただいているネット生配信に力を入れており、ネット回線さえあれば即生配信番組を配信出来るノウハウと実績を持っております。