制作日記

制作日記

【前編】スマホ使ったインスタ映えな写真撮影テクニック~一眼レフにも見劣りしません!

こんにちは!撮れ高 映像部スタッフの平良です!

いきなりですがインスタ映えという言葉、今年上半期でとても流行りましたね!SNSに写真や動画をよく載せるという方は沢山いらっしゃるかと思います。

スマホでキレイな写真を撮りたい写真をしたい方必見

基本的にスマートフォンのカメラで撮った写真を載せることが多いと思いますが、中にはデジタル一眼レフやフィルム一眼レフカメラで撮った写真を転送して載せている方もいらっしゃいます!一眼レフで撮った写真の方が画質やボケ味など、とても綺麗な写真を撮れるというメリットがありますが、対してカメラの使い方が分からない、そもそも荷物が増えてしまって持ち出すのが面倒。など、デメリットになり得る部分も多く持ち合わせています。

本格的なカメラじゃなくていいけど、みんなより一味違ったカッコいい、キレイな写真を撮りたい!インスタ映えな写真を載せたい!笑 という方に今回のブログをぜひ読んでほしいと思います!

コンバージョンレンズを装着して

どんなカメラで撮るのか、それは皆さんがお持ちのスマートフォンのカメラで撮ります!え、それじゃあ今まで通り周りと変わらないじゃん。と思われますよね。なにがひと味違うのかと言うとレンズです!今回はシェア率も高いiPhoneに照準を当ててお話ししていきます。

レンズが違うってみんな同じじゃないの?とまたさらに疑問が生まれますが、もちろん同じレンズです。ただそこにiPhone専用のコンバージョンレンズというものを着けてしていきます!

まずコンバージョンレンズとは、デフォルトのレンズ(コンバージョンレンズに対してマスターレンズと呼ぶ)に、新たに別のレンズを装着することで、マスターレンズの焦点距離よりも広角側、もしくは望遠側でできるようにするものです!焦点距離をより広角にできるコンバージョンレンズをワイドコンバージョンレンズ、略してワイコンと現場では呼んだりしますが、NXcam(デジ)でのロケの際などによく使われています。

このブログを読んでくださっている方の中には魚眼レンズという言葉を聞いたことがある、または魚眼レンズで撮った写真を見たことがあるという方がいらっしゃるかもしれません。魚眼レンズとは特殊な広角レンズのことで、コンバージョンレンズにも魚眼効果を与えるものがあります!

その他、焦点距離をより望遠側に出来るコンバージョンレンズもありますが、それについては次回詳しく触れていきたいと思います!

 

・収録・ロケ・中継・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。