制作日記

音声業務の社内研修~実際のロケ現場を想定しカメラや音声機材をセッティング

こんにちは。撮れ高 映像部の野尻です。

先日、音声の社内研修を行いました。では、良い映像を撮ることはもちろん大切ですが、音声もとても重要です。映像が撮れているのに音声がちゃんと録れていないと、せっかくの映像が台無しになってしまいます。そこで今回は、実際のロケを想定したセッティングをし研修を行いました。

ロケ現場でスムーズにができるよう必要最低限の機材を装備

使用した機材は、弊社所有機材のミキサー(ZOOM F4)に、ワイヤレスピンマイク(sony)、インタビューマイク、ガンマイクを使い、カメラ(NX5R)と接続しました。研修ではロケ現場を想定したので、ミキサーは専用バックに収納し、そこにすべてのマイクやケーブル、予備バッテリーなど必要なものを装備しました。

ケーブルの長さがどれぐらい必要か、予備のバッテリーはどれくらい持っていた方がいいかなどを考え、多すぎず少なすぎず適切な量を準備し、出来るだけ必要最低限の分を準備して、重くて負担にならないように注意しました。また、ロケ現場でスムーズにができるように、ケーブルのとりまとめ方などを工夫するようにしました。そうしないと、ロケでは移動しての繰り返しになるので、長時間の現場になるととてもストレスになりますので、その点を考慮しながら準備をしていきます。

マイクやミキサーに関する技術的内容をレクチャー

そしてミキサーにマイクを接続し、マイクレベルとラインレベルの違い、マイクにはダイナミックマイクと、ファンタム電源(マイク入力端子から電力を供給するシステム)が必要なコンデンサーマイクがあることや、ワイヤレスマイクの周波数の変え方、ガンマイクの音の録り方などをレクチャーしました。

マイクなどの入力とカメラ側の接続が完了してから、ミキサーの扱い方も練習しました。入力レベルの切り替え方や、基準信号 1kHzの出し方、フェーダーの操作、ミキサーに入力されている音や出力されている音の確認の仕方など、基本的な使い方をやりました。一通りの接続と確認が完了したら、実際にすべてを身にまとい、現場を想定して構えてみました。

事故につながらないよう周辺環境に配慮して実践

今回は事務所内での研修で、天井が低かったり、障害物があったりしましたが、現場でお店の中など室内でする際は、周りのものに細心の注意を払いながら立ち振る舞わないと、事故につながるのでその辺も気にしつつ実践しました。特にガンマイクは、長い竿につけているので注意が必要です。

これからも、現場でスムーズなができるように練習を重ねたいと思います。

 

・収録・ロケ・中継・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。
まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。