制作日記

制作日記

特殊機材(特機)のメンテナンス方法~潤滑油・グリースの使い方

こんにちは。撮れ高 映像部 宮坂です。

この仕事をしてると機材のメンテナンスを定期的に行わなければいけません。何十年も使っていると、機材で使用されているネジが錆びたりします。以前働いていた会社でよくやってたメンテナンス方法と、その時に使っていた潤滑油・オイルについて紹介します。

で使用されるクレーンや移動車などの機材を扱っている会社だったので、潤滑油やグリースは必需品でした。種類も様々あり、安いものから高いものまであります。

潤滑油・オイルで錆び落とし

潤滑油は、特機で使用されるレールの錆びなどに多く使いました。ただレールの滑りを良くするものでは無く、レールの錆びまで取ってくれるので優れものです。使い方ですが、レールの錆び部分に潤滑油・オイルを散布し軽くヤスリをかけ、その後ウエスで拭いていきます。錆びも取れレールが綺麗になり、滑りも良くなり一石二鳥です。

シリコンスプレーでオイル・グリース落とし

潤滑油・オイルを使っている機材でグリースなど塗ってある場合、まずそのグリースを取らなければなりません。洗っても取れないグリースはシリコンスプレーを使って取ります。シリコンスプレーとは、物に吹きかけると薄くシリコンがかかり滑りをよくしたりするものですが、オイルやグリースの汚れを取るにもピッタリな商品です。

潤滑油・オイルやグリースが付いてる部品をウエス(機械器具類の清掃に用いられる布のこと)で落とし、その後びしょびしょになるまでシリコンスプレーを散布し、ウエスで拭きます。そうすることで、綺麗にオイルやグリースが取れます。

グリースには固形の物からチューブ状の物まであります。主に伸縮タイプのクレーンに使っていました。伸縮部分のワイヤーに塗ります。古くなったグリースをウエスで拭き、少量のグリースを手に取りワイヤーに塗っていきます。その時に服に付かないように注意しなければいけません。服に付くともう取れません。あと、ネジを締めた上に塗ったりする事があります。

オイルやグリース使用後は手荒れしないようケアが必要

潤滑油・オイルやグリースなどを使用した後は、当然手が汚れます。普通にハンドソープなどで洗っても取れません。そんな時はまず工場用のピンクの粉洗剤を使って油を落とし、その後に普通のハンドソープを使って取ります。もしくは、先程話したシリコンスプレーを手に吹きかけて、ウエスで手をしっかり拭き、ハンドソープで手を洗います。手荒れが凄いのでハンドクリームが必需品になりますね。

 

・収録・ロケ・中継・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。
まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。