制作日記

映像技術解説~スムーズな移動映像が撮影できるカメラスタビライザー『STEADICAM(ステディーカム)』

皆さんこんにちは!撮れ高スタッフの西村です。

突然ですが、皆さんが想像される方法はカメラマンがカメラを肩に担いで撮っている。もしくは三脚の上にのせて撮っているだと思います。しかし方法は他にも沢山あり、状況に応じて撮り方を変えています。中には、ちょっと変わった方法もあります。そこで今回は僕が最近見かけたSTEADICAM(ステディーカム)ついてご紹介します。

スムーズな移動映像をするためのカメラスタビライザー

まずSTEADICAMとは、「安定した」という意味の「ステディー(steady)」と「カメラ(camera)」を組み合わせた言葉で、カメラを持って歩いたりあるいは車載した際に、その移動によって生じるブレや振動を抑え、スムーズな映像を録ることを目的に開発された、カメラスタビライザー(カメラ安定支持機材)です。 カメラマンは専用のベストのようなものを装着します。そしてベストの腰部にはカメラを固定するアームが付いており、普通の担ぐスタイルではなく、体でカメラを支えるという形になります。

スムーズな移動映像をするためには、それまではレール上の台車やクレーンにカメラを載せて移動するという大掛かりな手段しかありませんでした。しかし、STEADICAMの登場によって、カメラマンが装着したまま走ったりしても簡単に滑らかでスムーズな移動映像ができるようになりました。使用中はカメラのファインダーを覗くことが出来ないので、モニターに映像を映し、それを確認しながら操作します。

カメラワークがスムーズなだけでなく時間短縮にも貢献

実際にロケでカメラマンが使用していましたが、カメラワーク(カメラの動き方)はとてもスムーズで、三脚も必要ないので移動後にすぐにでき、時間短縮にもなっていました。しかし、カメラマン曰く体で支えているので、肩や腰への負担が普段より大きく、重たいので、階段や坂を登る時は辛いそうです。ですが、これぐらいはカメラマンにとって苦ではありません。良い映像を撮るには、そういったことを我慢して映像に影響が出ないようにしないといけません。

このようにカメラマンが使用する機材も時代が流れるに連れ、進化しています。STEADICAMの他にも変わったものが沢山あります。ライブに行ったことある方は見たことあるかもしれませんが、クレーンという上下に動く特機があったり、レールを敷いてその上をカメラを乗せた台車が走る特機などあります。色々ありますが、それらは良い映像を撮るために開発されています。良い映像を撮って皆さんに届ける、それは昔から変わっていません。これからも皆さんに今以上のものを届けるために、便利な機材が開発されていくと良いですね。

 

・収録・ロケ・中継・配信・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)・テレビ音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社 撮れ高 (03-6274-8982)