制作日記

映像技術解説~ビデオエンジニア(VE)の仕事について

こんにちは!撮れ高 映像部スタッフの西村です。

私たちは日々仕事をしている中で、様々なスタッフに支えられています。その中から、今回はビデオエンジニア(VE)ついてご紹介いたします。

ビデオエンジニア(VE)とは?

ビデオエンジニア(VE)とは、ビデオカメラや各種映像機器の調整・設定をする技術者です。VEはまず、映像システムの構築、設計、配線、機材の動作確認をします。

次いで本番での色・絞り(アイリス)調整など、各カメラの映像信号管理を行い、その他テレビ中継等における伝送や使用機材のメンテナンスなども行います。実際の仕事内容は会社や所属により千差万別で多岐に渡ります。

それ以外にも、普段からカメラや周辺機材の整備・点検をする事も重要な役割です。VEの需要は多く、人手不足からロケ撮影・収録などではカメラアシスタントが兼務する場合もあります。テレビ放送において、カメラマン等を裏方とするならば、裏方のさらに裏方的な要素が強い仕事です。

最も重要な仕事は撮影した映像の色や明るさの調整

VEの仕事の中で最も重要なのは、撮影した映像の色や明るさの調整です。カメラで撮影した映像は、光源が変わると微妙に色が異なって画面に写ります。

例えば、女優さんの顔を3台のカメラで撮影してそのまま放映した場合、撮影したカメラによっては、肌や髪の色が違って写り、映像切り替えて見たときに、とても違和感のあるものになってしまいます。そこでVEが放送前に、収録された映像の映像信号の波形を調整し、 色・明るさ・画質などを整えています。

この色調整はエンジニアの腕の見せ所です。そしてこの作業は、色が揃いさえすれば良いのというものでもなく、色味の具合で映像の印象が全く違うものになります。

例えば赤みを強くして情熱的な印象にするなど、演出の意図に沿った調整が求められるます。映像が与える心象に配慮し、映像の魅力を最大限に引き出すことがVEには求められます。

機械的なトラブルも幅広い知識を持つVEが対処

色の調整の作業ですが、収録した映像の場合、数えきれないスィッチが並ぶコントロール室でモニターを見ながら作業をします。そのモニターに映っているのはカラーチャートのようなものであったり、グラフのように波形が映し出されるだけのものだったりで、一般の人はそれを見てもサッパリ意味がわからないようなモニターばかりです。

VEさんはそのモニターを見ながら、スイッチを操作して信号の波形を調整し色を整えます。他にも映像に関わる技術的な仕事は、幅広くVEに任されます。機械的なトラブルが発生すれば、対処するのは幅広い知識を持つVEになります。

私たちも映像に関わる大勢のスタッフさんと協力して、皆さんに良いものを 日々 お届けできるように頑張っていきたいと思います。