制作実績

舞台の4K映像収録現場にCAとして参加~グレースケール(チャート)を使ったカメラ調整について

こんにちは!撮れ高 映像部 木下です。

先日4Kの映像収録業務をご依頼いただき、CA(カメラアシスタント)として現場に行ってきましたので、その業務内容をご紹介します。私はライブコンサートの現場に行くことが多いのですが、調整済みのカメラを渡して頂ける場合がほとんどで、グレースケール(チャート)を使っての調整は初めてでした。

現場での調整作業

現場ではステージ前の1台のカメラを任されました。CA1名がグレースケール(チャート)を持って舞台上の照明の下に立ちます。スタジオ収録現場では、キャスター付きのチャートを使用しますが、舞台は傷を付けないようCAがグレースケールを持つなど、臨機応変に対応します。本番の進行の中で、一番照明が明るい状態にしてから調整スタートです。

グレースケール(チャート)がフレームいっぱいに入るように全カメラでズームし、ピントの調整をします。今回の収録現場では、VE(ビデオエンジニア)さんがモニターを見ながら7台すべてのカメラのカラーバランスを揃えるため、調整中はインカムを付けて指示を待ちます。調整中のなんとも言えない空気感。ほんの数分ですがとても緊張しました。

グレースケールチャートの役割とは?

グレースケール(チャート)とは、カメラのホワイトバランスを取る際、カメラの色を合わせる為に使うカラーチャートのことです。CA(カメラアシスタント)の中には、「必要な時にすぐ出せるから」という理由で、スマホの待ち受けにグレースケール(チャート)を設定している人もいます。

グレースケールを使用したホワイトバランスの調整

カメラは光の三原色である、レッド・グリーン・ブルーの値を変化させて色を表現しています。その中で、どの明るさでも均一にバランスが取れた状態のことを『ホワイトバランスが取れた状態』と言います。私たちが普段使用する業務用カメラは、色温度3200Kの時にホワイトバランスを取ると、最適な状態になるように作られています。

ホワイトバランスの調整は色温度の概念で、下記のように白の基準をどこに置くかということを決めます。

  • 3200Kのタングステンライト(家庭用白熱球をテレビ・映画、舞台照明機器に使用できるようにしたライト)を白色とする
  • 5400Kの白昼光(太陽光に近い自然な光)を白色とする
  • 4200Kの白色蛍光灯(人工的な白い光)を白色とする

この調整は難しく、色温度の設定によって赤みが増したり、青みがかった映像になったりしてしまいます。グレースケールでホワイトバランスをとるというのは、「自然界の色合いで」調整するということになります。

私が以前の職場で教えて頂いたときは「白い紙」で教わったので「白」でやるべきだと思っていましたが、白にも種類があるので、グレーの方がより正確な色温度設定が可能になります。グレースケールはあくまで基礎調整なので、最後は実際に撮る画を見て最終調整を行います。

実際の現場に出て知ることがとにかく沢山あります。どの現場に行くときも緊張しますが、先輩たちに教わりながら、より多くの知識を身に付けていきたいと思います。

弊社はライブ・コンサートの撮影・収録、各種イベントの撮影・収録、テレビ番組やドラマの撮影・収録、ENGロケ、スポーツ生中継、リモート収録、ネット生配信、動画制作など、幅広く対応しております。 お気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社 撮れ高(03-6274-8982)