制作実績

某バラエティ番組の収録現場CAとして参加~本番はハンディカメラの撮影をサポート

みなさんこんにちは、撮れ高映像部スタッフの丸田です。

先日、某バラエティ番組の収録業務をご依頼いただき、撮影現場にCA(カメラアシスタント)として参加させていただきましたので、その現場での様子を紹介していきたいと思います。

アクションカメラやドローンカメラを使っての収録

今回の現場は野外での撮影で、水上に設置された数々のステージを攻略していくバラエティ番組でした。この現場ではハンディーカメラ5台、クレーンカメラ1台、ドローンカメラ1台、アクションカメラ5台が出ていました。

今回のアクションカメラは、水中での演者のリアクションを撮影する為のカメラとして使用され、カメラマンも1名ずつ付いていました。アクションカメラは小さい小型のカメラで、持ち運びが楽で防水のため使用されたと思われます。

アクションカメラにはたくさんの種類の付属品がついており、大体の場所に固定カメラとして使用できるため、競技シーンなどでも臨場感のある画が撮影できますし、最近では音楽番組やスポーツ中継でも見かけることがありで、非常に多くの現場で使用されている便利なカメラであることが実感できます。

他にもドローンも使用していたので、ステージの全体などの上空からの映像もあリ、バリエーションの豊富な撮影現場でした。普段あまり使用しないカメラばかりで、非常に勉強になる現場でした。

本番中はハンディカメラの撮影をサポート

本番はハンディカメラに付き、ケーブル捌きなどを行いました。そのカメラで演者さんのリアクションや、競技中のバックショットなどを撮影していました。ライブコンサートなどのように激しい動きはあまりありませんでしたが、水回りでの撮影のため、カメラマンが水の中に落ちないようにケアしたり、ケーブルも落とさないように気をつけました。

普段使用しているカメラも日々進化していて映像の質なども変わってきています。新しいものが出るたびにそのカメラについて学んでいかないとついていけないですし、覚えないと仕事にならないので、あまり見ないカメラがある現場は特に重要だと思っています。これからも日々の努力を怠らず、いろんなことを勉強していきたいと思います。

弊社はTV番組の収録の他、ライブコンサートやスポーツ大会などの各種イベントの映像出し・撮影・収録・中継や、ENGロケ、ネット生配信、PV撮影や、映像編集・制作など、幅広く対応しております。 まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社 撮れ高 (0120-013-315)