制作実績

料理対決番組の収録にCAとして参加~ハンディーカメラのケーブル捌きを担当

みなさんこんにちは、撮れ高映像部スタッフの丸田です。

先日、料理対決番組の収録にCA(カメラアシスタント)として参加させていただきましたので、その現場での様子を紹介していきたいと思います。

ケーブル捌きについて

今回の収録ではスタンダードカメラ3台、クレーンカメラ1台、ハンディーカメラが4台が使われました。私は動きが多めのハンディーカメラにCA(カメラアシスタント)としてつきましたので、その際のケーブルさばきについてお話しいたします。

ケーブルさばきとはCA(カメラアシスタント)にとって重要な業務内容の一つに入ります。今回の収録だけでなく、どの現場に行ってもCAは基本的に、本番中はカメラのケーブルが絡まらないよう、また、カメラマンがカメラを振りやすいようにするためにケーブルをさばきます。

ケーブルが絡まると、カメラマンも動きたい動きが思うようにできず大切な箇所で撮りたい画を撮り損ねる、あるいは、ケーブルを早く回収しないと、他のカメラや他のスタッフ、又は、通行人の邪魔になり、撮りたい画を取れなくなるといった事故に繋がります。今回の現場では、セットも立て込んだ、狭いスタジオの中で何台ものカメラを使用するため、ケーブルさばきがとても重要となりました。

また、シーンによって、東西南北どの方向にもカメラを降らなければいけないため、早くケーブルを回収し絡まらないように管理しながら、必要な分だけカメラマンの動きをみながらケーブルを落としていきます。また、カメラ台数が多くその分ケーブルも多いため、担当のカメラだけではなく、クレーンカメラやスタンダードカメラが通る際には、そのことも配慮して多めにケーブルをはわせ、他のCAとコンタクトを取りながら本番収録でケーブルをさばきました。

今後も様々な現場で柔軟に対応できるよう、常に先のことを考えながら行動していければと思います。

弊社はTV番組の収録の他、ライブ・コンサートや各種イベントの映像出し・撮影・収録・中継、バラエティ番組のENGロケ、ネット生配信、映像編集など、幅広く対応しております。まずはお気軽に お気軽に電話メールにてお問い合わせ下さい。

株式会社 撮れ高(0120-013-315)