映像技術解説

最新のカメラを使用した映像作品をご紹介~12Kの魅力について

皆さんこんにちは、撮れ高撮影部の平良です。

年が明けまして、数日前に東京都を中心に緊急事態宣言も再度発令された都合で、年始から撮影現場ではリモート演出が増加したり番組収録自体を2月以降に先送りしたりなど、多くの変更対応に追われています。

2021年1月現在、どの撮影現場でもフェイスシールドやマウスガード装着の徹底、撮影日の2週間前から検温チェックの徹底など、多くのコロナウイルス感染予防対策が実施されています。昨年12月に撮影協力させて頂いた大規模の無観客ライブイベントの会場では、「除菌ゲート」という除菌ミストが全方位から噴出されて、くぐるだけで全身の除菌を行うことが出来る大きな門が入り口に設営されていました。

様々なコロナ対策が施されている現在の撮影現場ですが、今回のブログではコロナ対策もしっかり加味した上で撮影された新しい映像作品についてご紹介したいと思います!

近年の映像用カメラの進化

では早速、映像作品を紹介!…と行きたいところなんですが、まず初めに近年の映像用カメラの進化について少しお話しさせてください。

ここ数年のカメラ性能の進歩は著しく、各メーカーから毎月のように新しいカメラの情報発表があります。そんな中、2020年7月にBlackmagicdesign社から「Blackmagic URSA Mini Pro 12K」というカメラが発売されました。

撮影部のスタッフは「アーサ 」と呼んでいることが多いですが、「アーサ」カメラにもいくつか種類があり、このURSA Mini Pro 12Kはアーサシリーズの最新版になります。

細かい性能については多くのサイトやブログにて紹介されているため、ここでは割愛致しますが、何と言ってもこのカメラの魅力は「12K」です!

12K?なにそれ?と思った方、もう世間一般にも浸透している4Kテレビや4K放送といった「4K」という単語、聞いたことありますよね。4Kとは、いわゆる解像度の高い映像・高画質といった言葉で説明されますが、「12K」は4Kの9倍の解像度を誇ります!このURSA Mini Pro 12Kは、12288×6480(アスペクト比17:9)の12K解像度での撮影が可能なカメラなんです!

正直想像付かないレベルですよね。8K映像といった高解像度映像もありますが、恐らく肉眼では8K映像と12K映像の見分けは付かないんじゃないかなと思います。「収録フォーマットは全カメ4K30pで。」といった収録現場は最近増えましたが、「今日12Kで。」といった現場には残念ながらまだ参加したことがありません(笑)

では、12K解像度での撮影を可能にした最新のカメラを使用することによって、どんな映像作品が出来るのでしょうか。また、コロナ対策も加味した撮影方法とはどのようなものなのか、詳しく説明していきたいと思います。

コロナ対策もバッチリ!最新の映像作品とは

URSA Mini Pro 12Kを使用した作品として「ELEVENPLAY x Rhizomatiks “S . P . A . C . E .”」があります。

まずこの作品の撮影素材は、9ブロックが映っている引きの画のみで構成されています。これはどういうことかと言うと、12Kという高解像度で撮影することにより、引きのサイズからワンショットサイズまでデジタルズームしても高画質を保つことが出来るということです。

また、ワンショットサイズまでズームしたのち、ダンサーに合わせて画角をフォローしたり、手足の動きに合わせて映像が展開されていく編集が加えられているんですが、この編集は全て機械学習技術を用いて解析された動きに合わせて、自動編集されたものなんです。

そして、映像を見てわかる通り、ダンサーは各々一定間隔の距離を保って密にならないように踊っており、それを編集上で列を作って近くで踊っているように見せています。ソーシャルディスタンスを保ちつつも新たな映像撮影、編集方法を用いて類を見ない新たな映像作品を作り上げています。

長々と説明が続いてしまいましたがまとめますと、12Kという高解像度の映像を撮影しておくことで、高画質のまま自由に寄り引き可能、さらに機械学習の技術で人物の認識、さらにはダンスの手足のポーズまで認識してカメラワークやワンショットサイズのフォローを自動で編集も可能、そしてソーシャルディスタンスを保つなどコロナ時代にも適した形で新たな映像作品を生み出すことが可能、ということになります。

コロナ時代においても、このように最先端のカメラ、撮影技術、映像編集を結集することで、まだ見ぬ映像表現が出来るんだと感動しました。カメラマンとして現場に出る中でも、今以上に表現出来る幅を伸ばすために知識や経験値をもっと蓄えていきたいです。

弊社はライブ・コンサートや各種イベントの撮影・収録の他にも、テレビ番組収録、ENGロケ、スポーツ生中継、リモート収録、ネット生配信など幅広く対応しております。撮影の他にも編集業務も承っておりますので、まずはお気軽に電話・メールにてお問い合わせください。

株式会社 撮れ高(0120-013-315)