オンエア情報

バラエティー番組のENGロケにCAとして参加~本番中はGoProの撮影をサポート

皆さんこんにちは、撮れ高 映像部スタッフの柳町です。

先日、バラエティー番組のENGロケにCA(カメラアシスタント)として参加しました。その時の現場での動きや様子について、ご紹介していきたいと思います。

使用機材やセッティングについて

撮影には業務用ビデオカメラ3台、GoPro5台、ドローンカメラ1台を使用しました。そのほかに制作スタッフが手持ちのハンディーカメラを使用して撮影を行いました。

現場に到着後、カメラマンと一緒にロケハンを行い、GoProを仕込む場所を決めてカメラの準備を行いました。まず、全カメラのTC(タイムコード)を合わせる作業を行います。メディアは制作用意だったので現場でメディアをもらい、フォーマット(初期化)を行ったのち、15秒程度カラーバーと1KHzを収録します。

カメラとメディアケースにバミリをつける作業も行うのですが、この作業はとても大切で、バミることで素材が混ざることなく、どのカメラで撮ったメディアなのか、見ればすぐにわかるようにできます。CAがメディアとバッテリー管理を行うので、自分が分かりやすいようにバミリを作るのも工夫の一つです。私はメディアだけでなく、カメラとバッテリーには同じ色のビニールテープを張って色で区別できるようにしています。

今回のENGロケはドローンも飛ばしていたこともあり、見切れない場所(カメラに写ってはいけない場所)に移動しなければいけない都合でカメラマンの近くにいることができません。カメラバッテリーの運用については、現場の動きを考えてバッテリーチェンジのタイミングを注意して行いました。

GoProは合計5台あったので5か所それぞれに設置しました。設置するときに画角の確認をするために外部モニターを使用します。カメラマンがGoProを動かすので、CAがカメラマンにモニターを見せ、画角が決まったらずれないように養生テープなどで固定します。

メディアやバッテリー交換の時に誤まって画角がズレてしまった場合は、あらかじめ外部モニターに映っている映像の写真を携帯などで撮っておき、その画像を確認しながら画角を直すことができるようにしておきます。

本番中のCAの仕事について

本番中は見切れない位置に移動して、カットがかかった後、撮影映像をプレビューしている間に、CA全員で手分けしてGoProの収録素材のチェックとバッテリー残量のチェックを行いました。GoProのバッテリーは1時間程度しか持ちません。リハーサル中に急にバッテリーの残量が減ってしまっているという状態が起きたため、いつも以上にバッテリーの残量を注意して確認するようにしていました。

CAの先輩と「もしも」のことを考えて早めにバッテリーを変えようと話し合い、バッテリー交換を行っていたこともあり、トラブルなしで撮影を終えることができました。「もしも」のことを考え、判断し指示を出してくださった先輩を見て、私も1つ1つの経験をしっかり吸収し対応できるようになりたいと思いました。

弊社では、テレビ番組のENGロケの他にもライブ・コンサートや各種イベントの撮影・収録、スポーツ生中継、ネット配信など幅広くは対応しております。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社 撮れ高 (03-6274-8982)