制作実績

コンサートの生配信の現場にCAとして参加~ジブクレーンや移動車での撮影をサポート

皆さんこんにちは!撮れ高スタッフの西村です。

先日ライブコンサートの生配信の現場にCA(テレビカメラアシスタント)として参加しました。このライブコンサートでは普段と違った撮影をしていたので、今回はこちらの現場をご紹介します。

シネマカメラを使用

普段のライブコンサートでは放送用カメラを使用して、光ケーブルで駆動するのですが、今回はPV風に撮りたいという撮影監督の意向もあり、シネマカメラを使用していました。カメラマンも普段ライブコンサートを撮っている方たちではなくほとんどがPVを撮影しているカメラマンばかりでした。PVなどは綺麗な映像を撮ることに関してはすごくこだわりがあり、普段とはまた違った撮影方法や撮影機材を用いていたのでとても感動しました。

PVなどではカメラマンの他にフォーカスマンが存在します。普段からカメラマンの代わりにフォーカスのみ操作しているということもあり、今回のライブコンサートでも各カメラにフォーカスマンが付いていました。ケーブルなどの問題もあり、フォーカスマンとはコミュニケーションを取らないと撮影にならなかったりするので、今回の現場ではそこを1番注意しました。

ステージ移動と同時にカメラも移動

今回のライブコンサートではセンターステージが移動する仕組みになっていたため、それに合わせて全てのカメラが移動する段取りになっていました。そのままケーブルを落としていけばいいカメラもあれば、ケーブルを別のものに差し替えないといけないものなど様々でした。

特に私がついたカメラは、ジブクレーンから移動車に乗り替わるので、ケーブル含めものすごく大変な移動でした。なるべく簡単にするためにアームに這わせるケーブルとレールで捌くケーブルは同じにしたり、ジョイント部分を自分の近くに置いて少ない時間で撮影態勢に入れるようにと工夫しました。結果始めはグダグタだった移動も回数を重ねるに連れ、少ない時間で移動出来るようになっていました。

今回のライブコンサートは普段と違った機材を使い、カメラ移動の多い現場でしたが初めての経験も多く、とても充実した現場でした。普段行っているケーブルに関してはこちらから提案し、機材周りに関しては壊してしまう可能性があるので逆にお願いするなどして連携を取っていけたと思います。今後もこのような現場が増えていくと思いますので、今回と同様に連携を取りながらやっていきたいと思います。

弊社は、ライブコンサートやスポーツ大会などの画出し・収録・中継以外にも、ENGロケ、ネット配信、動画編集など、映像に関する業務について幅広く対応可能です。お気軽に電話・メールにてご連絡ください。

株式会社 撮れ高(0120-013-315)