映像技術解説

フレームレートについて~撮影内容に応じた設定など

みなさんこんにちは!撮れ高 映像部スタッフの村上です。

動画を撮影する際によく『フレームレート』という言葉を聞く方も多いかと思います。今回はフレームレート(fps)について紹介していきたいと思います。

フレームレート(fps)とは

動画と静止画は違うものと思っている方も多いと思います。しかし、静止画を何枚も撮って連続して見せることで動いて見えるものが動画で、簡単にイメージできるものではパラパラ漫画のようなものです。

そしてフレームレートとは、1秒間に使用するフレーム数(コマ数)の静止画が記録されているかという数字のことです。一般的には、24fps、30fps、60fps、120fpsなどのフレームレートが使用されています。

フレームレートの設定

フレームレートを大きく設定することで滑らかな映像を撮影することができます。フレームレートが大きいほど時間あたりのコマ数が多く、静止画一枚の表示時間が短くなり、映像の動きが滑らかに見えるようになります。

なので、スポーツなどの動きが激しく速いものを撮影する際には滑らかな映像が撮影できる高いフレームレートが適しています。しかし、高いフレームレートを使用すると静止画の枚数が増えるということなので、動画の容量も大きくなってしまいます。

逆に動画の容量を小さくしようとしてフレームレートを下げると容量は必然的に少なくなりますが、高いフレームに比べて動画が鈍くなったり、荒くなったりするので注意が必要です。

撮影内容に応じたフレームレート

一般的な映画などの動きの少ないシーンでは24fpsで撮影されることが多いです。24fpsで撮影することで映画のような味のある雰囲気で撮影することもできます。しかし、24fpsでは、動きの激しいものや、スローモーション撮影には不向きです。

テレビやDVDで多く使用されるフレームレートは30fpsで日本でよく使われる一般的なフレームレートです。多くのプラットフォームが30fpsで対応していることもありフレームレートの変換などが必要ありません。

スポーツなどの動きの速いものの撮影では、60fpsが動きの速い被写体を滑らかに撮影することができ適しています。また、スローモーションにしても映像のカクつきが少なく滑らかに撮影することができます。

フレームレートの大きい小さいによって完成する動画のイメージは大きく変わります。動画の撮影に応じて適したフレームレートを使用することでより良いものを撮影することができるので、今後の撮影の際にはフレームレートにも着目して撮影していくのが大事だと思いました。

弊社は、ライブコンサートやスポーツ大会の撮影・中継・ネット配信や、TV番組などのENGロケといった映像技術の提供だけでなく、動画編集なども対応しております。

ご入用の際はお気軽にお問い合わせください!

株式会社 撮れ高(0120-013-315)