制作実績

童話コンクールの収録にCAとして参加~会場に合わせ遠隔操作可能なレールカメラ使用

皆さんこんにちは!撮れ高スタッフの西村です。

普段の撮影現場はライブコンサートやスポーツ中継が多いのですが、以前童謡コンクールの収録現場にCA(テレビカメラアシスタント)として行きました。

普段の撮影現場とは違った空気感の中で、良い緊張感を持って業務に励みました。初めて経験する撮影現場で学べることも多かったので、今回はこちらの現場をご紹介します。

経験したことのない独特な撮影現場

童謡コンクールの撮影現場は今まで経験したことのない独特な雰囲気の撮影現場でした。舞台の収録現場のようにほとんどのカメラが客席内での三脚固定でお客さんの邪魔にならないように撮影を行いました。もちろん前っつらに三脚ドリーのカメラがあると邪魔で見えないのでこの撮影現場では使用しませんでした。

舞台のような感じですが、童謡を歌っているところを撮影するのでライブコンサートのようなカメラワークで撮影していました。舞台とライブコンサートの現場が混じったような感じで、童謡コンクールの現場を通じて両方の現場の良さを体感することが出来ました。

動きのあるカメラワークは必須!

この撮影現場では三脚固定のカメラばかりだったので、前っつらに動きのあるカメラを使用すると画のバリエーションが増えて迫力のある画も撮れるので最高ですが、お客さんの邪魔になってしまうので移動車やパットレールですら入れられませんでした。

そこで完全リモート操作出来るレールカメラを使用しました。こちらはマグナムのように上下の高さは変えることが出来ませんが、移動車のように左右に移動することが出来るカメラです。

その移動の操作はカメラマンが操作するリモートベースから操作でき、ボタンを押して操作することで、カメラの周りには人がつくことなく移動車のようなカメラワークが出来るので、この会場には最適なカメラでした。

今回は童謡コンクールの撮影現場をご紹介しましたが、今まで経験したことがなかったので緊張感を持って業務に取り組めました。普段あまり使わない機材も触れたのでとても勉強になる撮影現場でした。今後も初めて経験することが出てくると思うので意欲的に取り組んでいきたいと思います。

弊社はライブコンサートやコンクールの画出し・収録以外にも、スポーツ中継や、ENGロケ、ドラマ撮影、動画編集など、撮影・編集に関する業務に幅広く対応でき、海外案件の対応もスムーズです。まずはお気軽に電話・メールにてご連絡ください。

株式会社 撮れ高(0120-013-315)