制作実績

【前編】某人気アプリの広告撮影現場に参加~クロマキー撮影について

こんにちは!撮れ高撮影部スタッフの平良です!今回は私が某人気アプリの広告撮影現場で携わった、クロマキー撮影についてご紹介します。

タレント密着番組などで見かける『緑背景』の撮影スタジオ

突然ですが、皆さんにはそれぞれ好きな芸能人、例えば俳優さんや芸人さん、アーティストの方などいらっしゃるかと思いますが、自分の好きな芸能人が出ている番組を中心にテレビを見る、という方は結構いらっしゃると思います。

中でも、好きな芸能人の普段の姿、素の状態が見られる、密着型のドキュメンタリー番組や番組撮影のメイキングムービーなどは必ずチェックする!といった方も多いと思います!

普段見ることのできない撮影風景などがちらりと見れたり、これはなんの撮影なんだろうと考えたりする事もあるでしょう。例えば、このようなグリーンで覆われた場所で、真ん中に好きな芸能人が立って撮影しているのを見たことはありませんか?

これは『クロマキー合成撮影』を行っている撮影現場です

背景が緑で演者がいるだけの映像をメイキングなどの番組以外で、テレビやネットで見たことがある!という方はおそらくゼロだと思います(笑)実際、グリーンバックの画を撮ったところで、映像媒体で放送される時にそのままの緑背景の映像を流すことはありません。

これは何かというと、クロマキー合成撮影と呼ばれ、グリーンバック(グリーンの背景)の前で撮影し、グリーンの部分をコンピュータで透明化して、CGやコンピュータ画面と合成をして映像を仕上げる手法の撮影なんです!

写真ではグリーンバックの撮影ですが、ブルーバック(ブルーの背景)での撮影もあり、撮影方法や仕上がりはグリーンバックでもブルーバックでも基本変わりません。同じであれば別色の撮影方法がある意味が無いと思われる方もいらっしゃると思いますが、これは次回記事にて細かく説明していきます!

合成技術が向上し近年クロマキー撮影が増加傾向にあります

スタジオで美術さんや大道具さんが時間をかけてセットをつくり、撮影するのが今までのスタンダードでしたが、近年は合成技術も著しく向上しており、このような撮影が増加している傾向が見られます。あらかじめグリーンバックが常設されており、クロマキー撮影用に作られているスタジオも少なくありません。

今回クロマキー撮影の現場に参加することが出来たので、グリーンやブルーなどの背景色が多色ある理由や、実際に撮影現場に参加してみて感じたことや、技術的なノウハウを次回記事にて紹介できればと思います!楽しみにお待ちください^ ^

 

弊社では、近年多くお問い合わせを頂いているネット生配信に力を入れており、インターネットのLAN回線がなくとも全世界生配信できるノウハウと実績を持っております。