制作日記

制作日記

海外ロケの準備~カルネ申請書類の書き方など「カルネ発給までの手続き」について

こんにちは。撮れ高 映像部 木下です。以前のブログ【海外業務での税関手続き『カルネ』について】で、「カルネ」についてご紹介させて頂きましたが、今回は「カルネ発給までの手続き」を実際にやってみて感じたことを書かせて頂きます!

機材はカルネの申請が必要

先日急な海外ロケが決まり、機材のカルネ発給申請を行ったのですが、とにかくわけがわからず、調べても理解するのに時間がかかりました…笑 

で海外に行く時には機材に対してカルネの申請が必要です。カメラや三脚などの高額な機材はカルネ申請をすることによって、税関で免税扱いの一時輸入通関ができるようになります。今回私が手続きをしたATAカルネは外国への輸入税の支払いや保証金が不要となる支払保証書でもあります。

カルネの申請手続きは余裕をもって申請

カルネの発給には手続きをしてから最短で3日、初めての申請の場合は4日かかります。土日祝を除いての計算なので、注意しましょう。今回土日除いてギリギリ4日しかなかったので大急ぎで手続きしました!笑

ギリギリでの手続きの場合、書類に不備があると発給が間に合わなくなってしまうこともあるので、余裕を持って申請することをおすすめします!1分でも遅れると申請日が翌日になってしまうそうです。

個人か法人かでも必要書類が違ってきます

私たちがカルネ申請をするのは、海外ロケなどので使う機材カルネなので、申請の際には総合物品表に機材のメーカー名、機材の種類、シリアル番号、重量、販売単価、ISOコード(生産国)の情報入力が必要です。英語表記になるので少し時間がかかります。

機材の種類に関しては、Camera(カメラ)、Battery(バッテリー)、Tripod(三脚)などと誰が見てもわかるように表記します!今回に持って行った機材を例に記入してみます。

総合物品表の入力例

HXR-NX5R(品番) SONY(メーカー名) Camera(種類) 2000—-(シリアル番号)が英文品名になります!

入力シートがあるので、順番に入力していきます。シリアル番号は1桁間違えただけでも税関で持ち出しできなくなりますので、慎重に手続きしましょう!重量は少し余裕を持って申請しておいた方が無難です。物品価格は市場に出回っている金額が妥当です。重量が軽すぎたり、金額が違いすぎたりしても税関で引っかかる場合がるのでご注意を!

急な海外ロケにもスムーズに対応できます!

急な海外案件が来てもすぐカルネの申請書が作成出来るように、これらの情報はあらかじめ調べてまとめておくと良いかもしれません。他にも入力・記入書類はありますが総合物品表が一番大変でした!弊社は今回申請したので、次からのカルネ発給申請はスムーズです!!急な海外ロケの案件にも対応できます!!

余談ですが、で使用するカメラバッテリーはリチウムなので、必ず手荷物で機内に持ち込みになります。分けておかないとリチウム系のバッテリーは、勝手にバッグを空けられて捨てられてしまうこともあるので要注意!!無事にロケ地に着いてもバッテリーが取り出されていてできない!!なんてこともあり得ます。そして、機材も普通の荷物と同じように扱われているようなので梱包は厳重に行いましょう!海外に到着する前に壊れてしまっては元も子もないですからね。

 

・収録・ロケ・中継・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。
まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社撮れ高 (03-6274-8982)