制作日記

制作日記

映像技術解説~カメラレンズの基礎知識【前半】

こんにちは。撮れ高部スタッフの平良です。

技術の進歩により、スチール用の一眼レフカメラでの動画も増えている近年ですが、今回のブログでは写真・動画には必ず必要かつ重要になってくる【レンズ】についての基礎知識を細かくかつ分かりやすく解説していきたいと思います!

レンズというものを理解するために、まず知らなければいけないことは【ズームレンズ】と【単焦点レンズ】という2種類のレンズがあるという事です。

ズームレンズとは焦点距離をある範囲で自由に変更でき、画角を変化させることが出来るレンズのことです。例えば、焦点距離28mm-75mmのズームレンズであれば、28mmのやや広い画から75mmのポートレートなどに適している画の距離感を1本でカバーすることができます。

対して単焦点レンズは、画角を変化させることが出来ないレンズです。撮りたい画角とあわない場合にはレンズ交換をする必要が出てくるため、ズームレンズに比べるとやや扱いが面倒という短所がありますが、代わりに単焦点レンズはレンズのキレがとても良いです。1点だけの画角を追求してレンズが設計されているので、キレが良く尚且つ比較的低予算で購入することが可能です。もちろんズームレンズは焦点距離が変化して画角が多彩に変わるため、単焦点レンズのように1点の画角だけを拘って特化した設計というわけにはいきません。

ズームレンズは一本で多くのシーンに対応可能で非常に便利なレンズですが、単焦点レンズは補正に必要なレンズが少ないため、【高画質・コンパクトかつ軽量・比較的低価格・F値が小さい(明るい)】などのメリットがあります。ただ、実際に写真を撮るとなると数本の単焦点レンズを持ち運んで、付け替えて、カバンにしまって、、、などの作業が発生して手間がかかるため、どちらが良いかは一概には言えません。撮りたいものや状況に合わせて最小限で済むように下準備しておきましょう!

今回はズームレンズと単焦点レンズについてざっくりと紹介させて頂きました。次回のブログではF値やセンサーサイズなど、もう少し細かい事項を加えつつレンズについて説明していこうと思います!

『・収録・ロケ・中継・配信・動画編集など幅広く当社テレビカメラマン・CA(カメラアシスタント)・テレビ音声・VE(ビデオエンジニア)がご対応致します。まずは、お気軽に電話メールにてご連絡下さい。。

株式会社 撮れ高 (03-6274-8982)』