制作実績

Youtube動画制作業務に参加~打ち合わせから納品に至るまで

皆さんこんにちは、撮れ高スタッフの小林です。

今回は弊社で制作、撮影、編集のすべてを行っているYouTube動画制作の流れをご紹介したいと思います。弊社では主に音楽番組やテレビ番組、ネット配信などの収録、撮影をメインの業務として携わっていますが、世間のニーズに合わせて最近はYoutubeでの生配信や動画制作、編集業務なども対応しております。

大枠の題材について打ち合わせ

すべての始まりはクライアントと共にどういった内容の動画にするか、どのようなテーマをメインに扱うか、という大枠の題材を打ち合わせを通してすり合わせていきます。今回弊社で請け負った番組は、今注目の海外でも活躍しているアーティストやアイドル、シンガーソングライターなどを中心に語り、その人物の内面や視聴者やファンの知らない一面、自らの活動に対する考え方などを掘り下げていくという内容です。

出演者の選定

こうして大枠のテーマが決まると、出演者を決める打ち合わせに入っていきます、決まったテーマに適した人物を探し、MCは誰が良いか?どういったゲストを呼び、どのように番組を盛り上げていくか、視聴者数を増やすために、どういった人物を呼び、どのように番組を作り上げていくかなどの要素をしっかりと考えていきます。出演者のスケジュールの都合もあるため、この番組出ていただける気にさせることも重要になります。

台本・カンペ・香盤表などの準備

出演者が決定すると、いよいよ台本とカンペ、香盤表が必要になります。台本は自社スタッフにて制作する、あるいはフリーの構成作家などに外注する場合もありますが、どのような番組を作りたいかなどを詳細に打ち合わせをして台本制作を依頼します。

台本が出来上がると次はカンペの制作です。撮影の際に出演者に読んでいただくため、台本を元に大きく分かりやすく伝わるようなカンペを制作します。それが終わると次は香盤表です。香盤表とはドラマなどの撮影を行なう際に事前に作られたスケジュール表の1つで、出演者の入り時間や当日の撮影スケジュール、撮影に必要な小道具などがまとまった表で、出演者のスケジュールに合わせて制作しなくてはなりません。

撮影準備と撮影・収録

台本・カンペ・香盤表などの準備が終わるといよいよ撮影に移っていきます、事前に出演者や制作関係者、撮影スタッフに台本、香盤表などをデータで送り、日時と撮影内容などを共有、撮影スタッフは収録日の前に機材準備を行います、事前に打ち合わせをした通りに撮影の方法や、どれくらいの規模で撮影を行うかによって必要な機材を選定し、当日スムーズに搬入できるように適切な運搬方法などを決めておきます。これらの準備を終えいよいよ収録です。

収録日当日撮影スタッフは早めに現場に入り撮影準備を行います、1日に何本も撮影することになるため、現場入り時間はかなり早めに設定しておき、効率的に撮影準備に取り掛かります。

まずは撮影場所への機材の搬入、その後カメラ位置の位置決め、照明の準備、音声収録の準備、実際に出演者が座る場所の位置決め、カメラの調整などを並行して作業を進めていき、ある程度準備が終わると次は正常に音声収録が出来るか、カメラが正常に動作するか、照明の位置は問題ないかなど細かいチェックを行い、その後スタッフだけで撮影の流れの確認、台本の読み合わせを行います。

これらを終えてから実際に出演者に来ていただき、制作代表がどういった内容なのか、どういう流れで進めるかなど打ち合わせを行い収録に入っていきます。収録中はスタッフがそれぞれの持ち場につきカメラマン、カメラマンアシスタント、音声、ディレクターとして撮影を進めていきます。

収録が終わると撤収作業に入り、それぞれ効率的に片づけを行い素早く現場から出られるように作業を進め搬出、会社に戻り機材の片づけなど行って、撮影データを次の作業をしやすいようにアップロードし、映像に問題がないかチェックなどを行い編集作業に入っていきます。

編集作業・サムネイル制作・納品・公開

編集作業は段積みという作業から入っていきます。段積みとは、撮影した素材を編集しやすいように時系列順に並べ音声を同期させることです。段積みが終わると次にカット編集に入ります、不要な部分をカットし違和感のないようにつなげたり、無駄な部分を短くしたりなどを行い、続いてテロップ付け、SE、BGM、演出などを加え、修正を繰り返しながら完成に近づけていきます。それらが終わると次にサムネイルを制作し編集した動画データと一緒にクライアントに共有し、NGなどなければ無事納品となります、修正などあった場合は都度対応していきます。

これらを終えるとあとは公開を待つのみになります。公開はクライアントが行ってくれる場合が多いので公開日まで待ち、この間に次に公開するための映像の編集作業を行っておきます。一度に数本分撮影するため、編集担当は次々作業を進めないと、あとで自身の首を絞めることになるので気を付けましょう。

弊社では動画・映像制作のほか、ライブ・コンサートや各種イベントの撮影・収録の他にも、テレビ番組収録、ENGロケ、スポーツ生中継、リモート収録、ネット生配信など、幅広く対応しております。まずはお気軽に電話メールにてご連絡下さい。

株式会社 撮れ高(0120-013-315)