制作日記

弊社からほど近い風情がある街並み~新宿御苑のシダレヤナギについて

こんにちは。株式会社撮れ高デスクの片山です。

今回は、弊社『株式会社撮れ高』からほど近い、新宿御苑について書かせていただきます。

新宿御苑のイメージ

新宿御苑と聞くと皆さんは何をイメージされますか?新宿とつくため繁華街のイメージがあると思いますが、駅から少し歩くと新宿御苑という大きな有名な庭園があり、とても自然豊かな場所なんです。新宿御苑は環境省が管理している大きな庭園ですが、皇室の庭園として作られ、戦後には国民公園となりました。

新宿御苑前の街は新宿の繁華街から10分程歩いただけなのに人通りも街並みもガラリと変わります。この落ち着いた雰囲気になる瞬間は他の土地では味わうことのできない空気です。歩いていると、すだれのような木が多くあります。いつも眺めながら歩くのですが、妙に哀愁など、涼し気なイメージを持ちます。

繁華街のイメージからは程遠い、新宿御苑特有のイメージや空気感をシダレヤナギが際立たせていると感じました。また帰り道にみるシダレヤナギは街灯やお店の光とともに見ることができます。キラキラと輝いて見えて、幻想的な写真を撮ることができます。

シダレヤナギについて気になったので調べてみました

シダレヤナギの花言葉は、『わが胸の悲しみ』『愛の悲しみ』『従順』『自由』。やはり、哀愁などのイメージが浮かびます。その中でも気になったのが、「従順」「自由」という意味です。他の意味は、それぞれ見た目からも感じることができ、イメージが湧きますが、この2つは意味からしても、正反対ではないのか?と思いました。

調べてみると、強い風にも素直に従いそよぐからなどのイメージから「従順」。一方で「自由」は強い風によって枝や葉っぱが自由に大きく羽ばたいているように揺れ動くイメージからきているそうです。

それぞれしっかりと意味と理由があることがわかりました。「従順」「自由」の意味を知り、シダレヤナギ、また新宿御苑の雰囲気にぴったりなイメージだと私は感じました。その時の見る人の気持ちによって感じ方が変わるのかもしれませんね。また、疑問に思わせてくれたおかげで感性の幅を広げることが出来ました。

帰り道にこの木を眺めて何を思うのか楽しみが増えました!

自分の働いてる地域の事を調べてまとめてみるのは初めてでしたが、知らないことも多く、改めて出退勤の時の見え方が変わりました。新宿へ通っている方は少し散歩をしてみて新宿御苑駅周辺の雰囲気を感じてみるのもおすすめです!是非、新宿御苑前駅に下車した際はシダレヤナギを見つけてみてください。これからも新宿御苑駅付近で気になったことや感じたことを掘り出してみようと思います。

弊社はネット配信業務や、ライブコンサートやスポーツ大会などの画出し・収録・中継、ENGロケ、TV番組収録、PV制作、映像編集など、映像に関する業務について幅広く対応可能です。 電話メールにてご連絡ください。 

株式会社 撮れ高(0120-013-315)