オンエア情報

サッカー中継にCAとして参加~雨天下でカメラのセッティングと撤収をサポート

皆さんこんにちは、撮れ高映像部スタッフの三橋です。

先日、スタジアムで行われた、雨天でのサッカー中継の現場にCA(カメラアシスタント)として参加させていただきましたので、その現場での様子を紹介していきたいと思います。

雨天下での注意点

今回私は、スタンド席に設置してあるカメラのセッティングや撤収のサポートを行いました。サッカーは雨が降っていても雷や風が強くない限り試合が行われます。しかし、機材は電子機器なので雨には弱いため雨対策が必要です。

ケーブルはケーブルのコネクター部分に筒状のビニールをかぶせて雨がコネクター部分にかかって濡れないように、ビニールテープで留めます。カメラ本体には、カッパを着せた上にビニールのシートをかけて、雨に濡れないように対策をします。

また、撤収するときも雨に濡れたケーブルは布で拭きながら巻いていって、濡れたままにしないようにします。カメラをセッティングするとき、雨の日は屋根のあるところでケースから機材を出して機材自体が雨に濡れないように気をつけて行います。

カメラ本体は屋根の下にあるのでビショビショになることはありませんでしたが、階段や通路が濡れていたり、水たまりになっている場所がところどころにありましたので、セッティングのときと同様に機材が雨で濡れないよう、屋根のあるところにケースを展開してパッキングしました。

スタンド席から機材溜めまでは手運びで運ぶため、濡れている通路や階段ですべる危険がありますので、注意をしながら運びましたが、雨の中でのサッカー中継は、晴れの日に比べて気をつけることや注意することが多いなと感じました。今回経験したことを今後も活かして取り組んでいきたいと思います。

弊社では各種スポーツの試合の中継以外にも、ライブ・コンサートや各種イベントの撮影・収録や、テレビ番組の収録、ENGロケ、ネット生配信など、幅広く対応しております。まずはお気軽に電話・メールにてお問い合わせください。

株式会社 撮れ高(0120-013-315)